So-net無料ブログ作成

おっと!この方がたは! [雑感]

たまたま立ち寄った職場の近くの土産屋で
意外な方がたとの予期せぬ再会が!

IMG_20190607_181158_223.jpg

この御三方、当ブログの初期の記事である
「集結!光の八犬士」で登場した、かつて
地元の催しで勢揃いした「里見八犬伝」の
八犬士のうちの三人なんですね~

そんな記事、誰も覚えてないだろうから、
懐かしい当時の写真をドゾ ↓

2015-11-14_08.35.49.jpg

一応説明しとくと、この地は里見八犬伝の
物語のモデルとなった里見家の殿様と、
殉死した「八賢士」と呼ばれた忠臣達の
お墓があるのです。
で、数年前まで毎年秋に催されていた
和紙や牛乳パックの紙で灯篭などを作って
飾ったり並べたりする「山陰KAMIあかり」
という行事の目玉として、1年に1体、
8年連続で作ってお披露目していたのです。

皮肉なことに8人全員が揃った8年めを境
に、この催しは行われなくなってしまい、
せっかく揃った八犬士は一体どうなって
しまったのか、もう我々の前に姿を現す
ことはないのか・・・
と、ずっと気になってましたが、一昨年
だったか隣町の祭りで疲労されてると聞き
安堵すると同時に、「山陰KAMIあかり」と
いう催しはもう行われないのかと寂しく
なりました。

普通の祭りのような派手さはないものの
白壁土蔵群や赤瓦と呼ばれる風情のある
観光名所を子供達が作った数百の灯篭が
夜の闇を灯し、屋台なんかも出てて
「ちょうどいい」にぎやかさが好きで、
人混みが苦手なイロドリが唯一、家族と
足を運んだ催しだったのです。

今回、生存が確認された(笑)犬士は3人
だけですが、おそらくどこかで残りの5人
も保管or展示されてるでしょうから、
願わくばまた催しの再開と八犬士の集結が
実現しますように。







nice!(14)  コメント(0)