So-net無料ブログ作成

モアベターな冬だった [雑感]

今日で3月が、そして今年度が終わる。
早いなあ・・・

今回は、例年とはちょっと違う年度末だった。
いつもならこの時期、病院のワックスがけ作業
の追い込みで、土曜・日曜なんかは朝から夜中
近くまで延々と働いていたのが、今、日曜の
昼下がりにこうして寝転がってブログを書いて
いられるのは、今年度は病院がワックスがけを
依頼しなかったからだ。

予算の都合なのか、それともここ数年は毎回
年度内に終わらせることが出来ないウチの会社
の無能ぶりに愛想を尽かしたのかは知らないが
、とにかくイロドリとしては、無くて助かった
わ~というのが本音のトコだ。
実際、慢性的な職場の人手不足が限界に達し、
10人で回す仕事を、クレーム製造機マサルくん
を筆頭に「会話が全く噛み合わない」アブナい
メンバー5~6人で騙し騙し誤魔化しながら
凌いでいたので、これで何とか新年度を迎える
事が出来て命拾いである。

そして、もうひとつ有り難かったのは、
今シーズンが稀に見る暖冬だったことだ。
もともと昨秋から暖冬の予想は出ていたのが
(てか、毎年今年は暖冬ですって言うてるぞw)
暮れにいきなり雪が降り積もり、やっぱり今回
もガセやんけ~とガッカリしたけれど、結果的
に、まともに積もったのはこの時だけで、年が
明けてからは一度も雪が降ることはなかった。

毎年、積雪と道路の凍結で、必ず車をぶつけて
しまうイロドリにとって、年が明けてから雪が
一度も降らなかったというのは幸運だったが、
それ以上に暮れの「早すぎた寒波」のおかげで
、ニャアコを今の家に連れて帰る決心がついた
というのが、今年の冬の最大の出来事だった。

IMG_20190331_132959_409.jpg

確かに去年ほどではないにせよ、何かと面倒や
大変な事も辛い事も多かったし、これからも
ろくでもない事がいろいろあるだろう…が、今、
隣にニャアコがいるという現実が、それらを
乗り越えようという力を与えてくれるのだ。
本当だったらこの一点だけでもう、今年の冬は
今までで最高の冬だったと言いたいところだが、
やはりここは謙虚に、小森のおばちゃまに
あやかって、限りなく「ベスト」に近い、
「モアベターな」冬だった。と締めくくる事に
するとしよう。

_20190331_124815.JPG

オバオバオバ、オバケちゃま…じゃなくて
おばちゃまも、それがモアベターだと思うわヨ








nice!(12)  コメント(0) 

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。