So-net無料ブログ作成
検索選択

雪の夜の・・・ [イロドリ写真館]

今日一日、アホほど雪が降って大変でした。
でも、雪の夜って何かイイ感じで好きなんですよね~
お楽しみの「無脳男(後編)」の前に
(楽しみにしてる人なんていねーよ)
ギャラリーぴんぼけ「雪の夜」をどうぞ。

2017-01-23_18.54.12.jpg

2017-01-23_19.15.07.jpg

2017-01-23_18.33.46.jpg

ホンマに、ぴんぼけやんけ・・・


2017-01-23_12.53.41.jpg

あなた、ひょっとして神様ですか?
「とんでもねえ、アタシャ神様ダヨ」

無脳男(前篇) [はたらく おっさん]

無脳男・・・
え?「無能」な男 の打ち間違いじゃないのかって?
いえいえ、これでいいんです。
この「無脳男」、江戸川乱歩賞を受賞し、後に生田斗真
くん主演で映画化された首藤瓜於さん原作の「脳男」の
パクリなのです。

なんでいきなりこんな記事を書いとるのかというと、
最近、1人カラオケに続く密かな楽しみとして
「1人上映会」なるDVD鑑賞会を、仕事の終わった
職場の休憩室で土曜の夕方、もしくは日曜の昼から
ひっそりと開催しておるのですが、ついこの間
観たのがこの「脳男」だったのです。

ちなみにこの「1人上映会」どんな映画を観てるかと
いうと・・・

(沢尻)エリカ様のパイオツと濡れ場が拝める
「ヘルタースケルター」

実際に起こった埼玉愛犬家連続殺人事件をモデルにした
「冷たい熱帯魚」

これまた実際に起きた上申書殺人事件を描いた作品で
リリー・フランキーとピエール瀧のブッ飛んだ怪演で
主演の山田孝之の好演が霞んでしまいそうな
「凶悪」

アメコミ原作で、全編に亘って暴力シーン満載の
「シン・シティ 復讐の女神」

などなど、およそ家族の居る空間で観ることの出来ない
やや軽めのエログロ作品ばかりを借りてきては
誰も居ない職場の休憩室で鑑賞してるのであります。
いや、たまに「猿の惑星:新世紀」とか、円谷プロの
特撮ドラマ「戦え!マイティジャック」とか
「オズ はじまりの戦い」なんかも見てますけどね。

で、この間「脳男」を借りてきて観たんですが、これが
なかなか面白かったです。
生まれつき感情や肉体的な傷みの感覚がない代わりに
一度目にしたものを完璧に記憶することが出来るという
能力を持った少年が、ひき逃げで息子夫婦を亡くした祖父
の徹底した英才教育により超人的な身体能力を身につけ
ます。
更に息子夫婦(少年の両親)を轢き殺した犯人が今も
捕まることなく、のうのうと逃げおおせている悔しさと
理不尽さに、次第に精神を蝕まれていった祖父の
「世の中の悪人を殺せ」という無茶苦茶な洗脳によって
超一流の殺人マシーンへと成長した少年が、
鈴木一郎と名乗り(おいw)法の目や警察の捜査の手を
潜り抜けながら生きてる悪人どもを人知れず始末して
ゆくという設定で、映画では二階堂ふみちゃん扮する
天才連続爆破犯を追い詰める話になってます。

私は基本的に邦画はもちろん、テレビすら殆ど見ない
ので、主演の生田斗真くんも敵役の二階堂ふみちゃんも
今回初めて知ったんですが、2人ともスゴイ存在感です
ね~。
玉木宏さんにちょっと似てる生田くんの、無表情 &
無感情な殺人マシーンもカッチョえかったし、
まだ若いのに頭のおかしい天才殺人犯を演じられる
二階堂さんもスゴイと思いました。
今の日本の女優さんって
「仕事がバリバリ出来るカッコイイ女性」か
「ドジで不器用だけど仕事は出来る可愛い女の子」の
2択しか演じられないような感じがしてたので
久しぶりに将来楽しみな女優さんが出ましたね。
ただ惜しむらくは、あんまり天才にもキチガイにも
見えなかったのがちょっと残念ですが・・・
(どっちやねんw)



・・・で?、結局「無脳男」って何やねん

そうそう、すっかり前置きが長くなってしまいましたが
この映画の生田くん扮する脳男の無表情・無感情ぶりを
見てて、その姿が、ある人物とダブッっちゃったんです
よ。

それはこの「はたらくおっさん」のカテゴリー内の
「あんたこの底辺職場どう思う」に登場する
殺人マシーン・・・じゃなかった、
クレーム製造マシーンこと、ウチの職場の問題児
「マサルくん」なのでした。

そういうわけで、次回後編は、ただでさえ大変な底辺
職場で心身ともに弱り切ってるイロドリ主任を、更に
恐怖のズンドコに陥れる「無脳男」マサルくんの
活躍(?)が繰り広げられます。

どうぞお楽しみに・・・しないで下さいw

2017-01-21_17.46.57.jpg

映画「脳男」より

「無脳男」にはこんな場面は出てきません。
しかし生田斗真くん男前やな・・・





天空の雪山&次回予告 [イロドリ写真館]

2017-01-18_11.08.11.jpg

週末から降ったりやんだりの繰り返しだった雪も
ようやく落ち着き、今朝は爽やかな快晴でしたが
午後から急に天気が悪くなりました。

2017-01-18_08.11.59.jpg

2017-01-15_08.33.59.jpg

これ ↑ は、日曜日の朝に降った霰を下から撮ったもの。
実際は結構なデカさで撮ってる最中、顔や頭にバチバチ
当たってメッチャ痛かったです。

2017-01-14_20.57.57.jpg


次回予告

「無脳男」~続・あんたこの底辺職場どう思う~


やっぱり降ったな・・・ [イロドリ写真館]

2017-01-14_07.25.19.jpg

今日一日、吹雪いたり晴れたりの繰り返しで
大変でした。

2017-01-13_06.05.00.jpg

2017-01-13_06.02.11.jpg

皆様もお気をつけて。


大変、遅くなりましたが

2017-01-07_17.22.41.jpg

なんと、昨年最後の投稿だった大晦日から、もう
一週間が過ぎてしまってるという・・・

ブログも更新出来ない程、本当に忙しい年明け
なのですが、このj記事も職場の休憩室にPCを
持ち込んで書いてるという・・・

そういうわけで、今年も何かと大変ですが、どうぞ
よろしくお願いいたします。

2017-01-06_21.13.07.jpg

チー、ニャアコ、謎の美少女


2017-01-06_21.13.27.jpg

チー、ニャアコ

2017-01-06_21.17.59.jpg

ニャアコと謎の美少女猫

2017-01-05_12.33.32.jpg

アートな雰囲気のニルス

1年間ありがとうございましたー♪

例年通り、大晦日という感じが全くしないまま
間もなく今年が終わろうとしてますが、
それにしても今年は地震があったりして、いつも
以上に大変な1年だったような気がします。

辛いことも沢山ありましたが、その分、いろんな
方々に支えられて生かされてることを、例年以上に
実感させられた、感謝の1年でもありました。

本当にありがとうございました。

新しい1年が皆様にとって良い年になりますよう
心より祈っております。

2016-12-31_19.02.57.jpg

イロドリ&ニャアコ一家より愛をこめて

2016-12-31_05.31.27.jpg

今年の写真、今年のうちに ♪ [イロドリ写真館]

しかしどう考えても、今年があと2日で終わるとは
思えんな・・・。
一応、大晦日に最後の記事を書く予定ですが、
とりあえずこの3日間で撮った写真をどうぞ。

2016-12-27_16.03.31.jpg

2016-12-28_10.07.32.jpg

2016-12-28_10.11.59.jpg

2016-12-28_10.21.50.jpg

2016-12-29_10.18.41.jpg

2016-12-29_15.08.15.jpg

2016-12-29_15.09.23.jpg

説明もオチも何もない(笑)

クリスマスに読んでほしい、この一冊 [オススメ]

2016-12-09_13.11.38.jpg

時間の関係上、前置き無しでいきなり紹介しますが、
いつもこのブログを見に来て下さる愛すべき皆様に
ぜひとも明日のクリスマスに読んでいただきたい
コンビニたそがれ堂・祝福の庭」

たそがれ堂シリーズ通算6冊目の今回は収録されてる
3篇すべてクリスマスがテーマになってるんですが、
やはりというか、なんというか、クリスマスなのに
恋愛要素ゼロ!
大事なことなんで、もう一回言いますよ
クリスマスがテーマなのに恋愛要素ゼロ!

さすがは「たそがれ堂」!
いいですね~期待を裏切りませんね~

大切なものを探し続けてる人だけが辿りつける
この「コンビニたそがれ堂」
今回は特に、何の得にならなくても誰かの幸せを願い
ながら日々を生きる無償の愛に奇跡が訪れる・・・
そんな奇跡の3篇になってます。

間違っても、クリスマスが何の日かも知らずに
うわべの幸せに浮かれてるバカップルは (おい!)
たそがれ堂には縁がないでしょう。
もちろんこんな性根の腐った私も、一生出会う事は
ないでしょうけど(笑)

それでも、たとえ自分が辛い時でも、いつも誰かの
幸せを願っていたい、そんな皆さんにぜひ読んで
いただきたい一冊です。






嗚呼、せっかくのチャンスが・・・ [イロドリ写真館]

ここ最近ずーっと、一日の内に、晴れたり曇ったり
小雨が降ったりの繰り返しが続く変な天気ばっかりで
朝から気分が滅入るような憂鬱な毎日なのだが、
その日、派遣先の病院の4階からふと外を見てみると
今まで見たこともないようなピンク色の朝焼けだった。

「こ、これは写真に撮らねば!」

そう思って急いで病院の屋上に上がると、4階で
見たのとは比べ物にならない程の幻想的な光景が!

「こ、これはますます写真に撮らねば!」

青い空に、まるでオーロラのようなピンクの雲、
そして距離的には遥か彼方にあるはずなのに
すぐ近くに聳え立っているいるかの如く、圧倒的な
存在感の霊峰・大山 (だいせん) 。

「こ、これは(以下、略)」

急いでスマホを取り出しカメラをズームに・・・

あれ!? なんだこれ?
ズームにならんがな・・・
どうやるんだ?

そうなのだ、先月、機種変更してから新しいスマホの
カメラの使い方がよくわからないままだった。

まあ、所詮スマホのカメラのズームを使ったところで
ショボい仕上がりにしかならない無駄な抵抗とはいえ
やるのとやらないのとでは山の大きさが全く違って
しまうのはデジカメの頃から痛感しているので
何とかしてアップで撮りたかったのだが、あたふた
焦ってる間に時間だけが過ぎ、空の様子も変わって
きたので、仕方なくそのままで写した結果がこれ
この通り↓

2016-12-12_07.26.31.jpg

くそっ、こんな事ならショップの店員にもっと早く
聞いときゃ良かった・・・

2016-12-12_08.46.22.jpg


白鷺も飛ぶ!っちゅうねん

2016-12-16_12.46.33.jpg

加藤芳郎さんじゃねえよ [イロドリ写真館]

2016-12-10_20.31.12.jpg

本当は、伊達直人 現る、の記事を書きたかったんですが
忙しすぎて時間がないので「イロドリ写真館」を
どうぞ。

2016-12-07_08.54.00.jpg

2016-12-03_22.57.34.jpg