So-net無料ブログ作成
検索選択
「死」の誘惑 ブログトップ

「死」の誘惑(後編) [「死」の誘惑]

今まで、どんなに辛い事があっても、気持ちの持ち方
一つで乗り越えられる、と思ってやってきましたが、
今回、こんな状況がこれからもずっと続くんだったら、
いっそのこともう死んだ方がマシやな・・・と
はじめて本気で考えました。

これまで何とか乗り越えて来れたのは、やはり
「所詮そのレベルの試練」だったからなのだろうか、
そして本気で「死にたい」という気持ちになるまで
追い詰められなかったり、それを実行することが
なかったのは、決して自分が強い人間だからではなく
「たまたま運が良かった」だけっだたんだな、と
痛感し、自ら命を絶ってしまう人の気持ちや状況が
分かるような気がしました。

幸い、今は落ち着きを取り戻し、我に返った状態
なので、自ら死を選んでしまう人の気持ちは
わかっても、絶対それを認めたり許したりしては
いけないと思っております。

私が、一見、甘美に思える「死」の誘惑から逃れる
ことが出来たきっかけのひとつは、夏から読み始めた
新聞の連載小説「風は西から」の中で、ちょうど
私の心が限界に達そうとする時期に、健介が自殺
してしまったと、いうショックな出来事でした。

相思相愛の恋人と共に、ゆくゆくは尊敬する両親の
跡を継いで実家の料理屋を更に大きくするための
修行の場に和民・・・じゃなくて和民をモデルにした
ブラック居酒屋を選んでしまったばっかりに、心身
ともに追い詰められ、何の落ち度もない、ちょっと
不器用で生真面目な好青年が死を選んでしまった時、
自分の身内が、そして自分自身が理不尽に命を
奪われたような悲しみと怒りが湧いてきました。

実際に起きた和民の裁判をもとにして書かれている
と思われるこの物語は、これから遺された恋人の
千秋が自分を責めながらも、同じく遺された健介の
両親と共に裁判を起こし、勝利する、という展開に
なるのでしょうけれど、裁判に勝っても、愛する
恋人、愛する一人息子は帰ってきません。


いつも思ってるのですが、仮に辛い現実から逃れて
死を選んだとしても、死後の世界が今よりマシという
保証はありません。
死んだ後、もし今より酷い死後の世界だったとしたら
それこそ救われない結末だと思います。

まあ、50近くにもなって便所掃除ばっかりやって
底辺で喘ぐ私が何を言っても、説得力も影響力も
何もないので独り言のお願いという形になりますが
・・・

若い方が自ら死を選ぶのは、何度でもやり直せる
たった一度の人生を、みすみす捨ててしまうような
ものなので、もったいないから絶対やめてほしいと
願います。

年をとって自ら死を選ぶのは、これまでの人生で
築き上げてきたものを、みすみす捨ててしまう
ようなものなので、そんな勿体無いことは絶対やめて
ほしいと願います。

そして、私は基本的に前世や生まれ変わりを
信じない「人生は一度だけ」派 の人間ですが、
何も悪い事をしていないのに、ズル賢く生きる事も
出来ず、相手を傷つけることも出来ずに、自ら命を
絶ってしまった、心優しい人達がもう一度、生まれ
変わって幸せに生きるチャンスを与えてもらえます
ようにと、切に切に祈っております。


こんな下らない戯言を、前編・中編・後編に渡って
読んで下さった方、また、何かの間違いで読んで
しまった方、スミマセンでした。


(おわり)


「死」の誘惑(中編)  [「死」の誘惑]

いくつかの地方紙で現在も連載中の、村山由佳さんの
小説「風は西から」
ウチの地域で配達されてる新聞では今年の5月から
連載が始まっていたみたいですが、私が興味を持って
読み始めたのは夏からでした。

何の予備知識もなく途中から読み始めた私はてっきり
ブラック居酒屋で働く主人公の青年・健介が心身共に
ギリギリまで追い詰められながら、恋人の千秋に
支えられて立ち直り、実家の広島に帰って両親の
料理屋を継いで、妻となった千秋と共に繁盛させて
ゆく成長物語だと思ってました。

しかし、昨日の第157回で健介が自ら命を絶って
しまっていたことを千秋は心配になって駆け付けた
彼の社員寮で警察から知らされるという衝撃の展開
になったのです。

何だコレ?昔からよくある「恋人の死を乗り越えて
新しい相手と幸せを見つけ出す悲劇と再生の物語」
とかいうアホ丸出しの胸糞小説かよ・・・と
ショックも冷めやらぬうちに、ネットで検索して
みたところ、連載開始直前の広告の写真があって
そこにはデカデカと
「なぜ、彼は死ななければならなかったのか?」
という文字が書かれていました。
そう、彼は最初から過労死する設定なのでした。

この物語は連載が始まる前から
ブラック企業に恋人を奪われた女性が彼の両親と
共に裁判で真実を明らかにする戦いを起こす
というテーマだったようです。

しかし私のように、単なる恋人の成長の話だと思って
読んでて感情移入した登場人物が死んでしまうのも
衝撃ですが、最初から死ぬとわかってる好青年が
半年近く延々と追い詰められてゆく姿を読まされる
第1回からの読者もキツいものがあったのではない
でしょうか。

ほとんど誰も読まないとわかってるこのブログで、
この小説のことを書いたのは、健介がまさに
日に日に死に向かって追い詰められていってる
その最中、電通の女性社員の痛ましい報道があり、
また、その事件の関連として同じように自ら命を
絶った「和民」の女性社員の遺族が8年目にして
勝ち取った和解金の一部で、ブラック企業を訴える
基金を創設した、という出来事を知り、そして
ちょうどこの時、私自身が本当に行き詰って
「もうこれ死んだほうがラクなんじゃねえか?」
と、考えるようになっていたからです。


(つづく)


「死」の誘惑(前編) [「死」の誘惑]

ここ数日、私なりにいろいろ考えていることを書こう
と思います。
ただ、たいそうなタイトルに反して記事の内容は
あまりにも浅く、薄っぺらで「読んで損した」とか
「時間を返せ」と、なること請け合いですので
貴重なお時間を無駄にしたくないという賢明な皆様は
どうぞ遠慮なく、ここで終了してくださいませ。


この2~3年ずーっと朝早くからの出勤で、新聞
ゆっくり読む時間もなくて、よほど気になる出来事が
あった時以外は、そのまま読まずじまいになって
しまう日も多かったんですが、今年の夏くらいに
オリンピックが気になって、じっくり紙面を隅々まで
読んでた時に、連載してる小説に興味を持ちました。

私が読み始めた時の内容は、あの悪名高きブラック
居酒屋をモデルにした店で、主人公と思しき青年が、
ただでさえ殺人的に忙しい店内で、次から次へと
まるで冗談のように襲い掛かって来るアクシデント
翻弄され、疲弊しているという状況でした。

「あ~、わかる!わかるでぇ・・・この感じ
 ワシと一緒やがな。わかるわぁ~」

すっかり彼の置かれてる現状に親近感を覚え、続きが
気になってそれから毎日その小説を楽しみにする
ようになりました。

が、しかし、日々読み進んでゆくうちに、とある
残酷な現実に私自身が打ちのめされます。
てっきり私と同じ、孤独の中で奮闘してると勝手に
思っていたその青年、健介には千秋という名の恋人
いたのであります。
しかも、その千秋という恋人が才色兼備で仕事が
バリバリ出来るうえに、健介のことが好きで好きで
たまらないという「こんな奴いねえよ」と言いたく
なるような理想的な女性なのですよ。

「うっわ、出た。なんやこのベタな設定は!こんな
 恋人がおったら仕事の大変さなんか屁でもない
 やんけ!これやったら家族からも見捨てられとる
 ワシのほうがよっぽどキツいわ・・・アホかよ」

あまりの羨ましい環境に同情も親近感も消え失せ、
もう読むのやめようと思いつつ、果たして健介は
どうやってこのブラック居酒屋を辞めるのか、
その一点だけが気になって、その後もずっと読み
続けていたのですが、お互いを大切に思いあっている
にも拘わらず、千秋の仕事の充実ぶりとは対照的に
健介の状況はひどくなる一方で、自分の時間を犠牲に
しながら人手不足の店を切り盛りしているのに
上層部からは嫌がらせや吊し上げ、部下のバイト
からは表向きは心配してくれてるように見えて裏では
無能扱いの陰口・・・

「まあ、でも千秋に励まされて乗り切るんやろ」

そう醒めた目で読みつつも、その肝心な千秋との命綱
であるコミュニケーションを忙しさに遮られ、生活も
性格も荒んでゆく健介を見てると心配になり、毎日
毎日ちょっとづつちょっとづつ悪化してゆく現状を
見せつけられるとだんだん不安になってゆきました。

どれだけ仕事が充実していても、いつも健介の健康を
心配している千秋と、彼女を愛していながらも
疲れ果て、心身ともに蝕まれてゆく健介。

短い電話での会話の後に「ゴメン」というLINEの
メールが入り、胸騒ぎがして上司や同僚との食事会の
後、急いで健介の社員寮へ向かう千秋。

新聞の連載枠という限られた短いスペースで毎日毎日
丁寧に、健介のもとへ急ぐ千秋の不安な心情が描かれ
これでもかと読者も煽られた末に、ようやく辿り
ついた健介の社員寮で、千秋は健介が飛び降り自殺で
亡くなった事を知らされます。

「え?え?え?何コレ?何コレ?何の話やねん」

何の予備知識もないまま途中から読んでいたので
どういう作品なのか全くわからなかったのですが
この小説はブラック企業による過労死によって
愛する者を奪われた主人公が、彼の死の真相を知る
為に遺族である恋人の両親と共に裁判で戦うという
テーマだというのを、今日、初めて知りました。

2016-10-15_15.06.37.jpg

現在も様々な地方紙に連載中の、
村山由佳さんの「風は西から」です。

(つづく)





「死」の誘惑 ブログトップ