So-net無料ブログ作成
ONE MORE NIGHT ブログトップ

誰もいない海 [ONE MORE NIGHT]

イロドリ
「今は、もう秋・・・」

ニャアコ
「誰も、いない海・・・か
 懐かしいわね、ビリーバンバンだったかしら」

「トワ・エ・モアだよ」

「それにしても、何か急に寒くなってきたわね。
 この間まであんなに暖かかったのに、最近は
 天気が良くても風が冷たいわ」

「俺も半袖の服じゃ寒くて外歩けないよ。
 まあ、もう11月だからなあ。
 ああ今年ももう終わりか、早えなあ・・・」

「まだ50日以上あるわよ」

「何だか季節や日にちや曜日の感覚が全くなくてなぁ」

「毎年おんなじコト言ってるわねえ」

「うーん・・・どうも年々悲惨さがエスカレートしてる
 気がするんだが、今年は本当に辛い一年だったな。
 ニャアコやチー達にも辛い思いをさせちまって」

「・・・生きていればいろいろあるわよ。猫も人も」

「つらくても、つらくても死にはしないと・・・か、
 それはそうと今の猫屋敷、住み心地はどうだい?」

「おかげさまで悠々自適に過ごさせてもらってるわよ。
 ちょっと隙間風が寒いけど、皆さん親切にして下さる
 し、ご飯も美味しいし」

「そりゃ良かった。ニャアコもだいぶん、ふっくら
 してきたし、チーの脱腸も治まってるし。
 あとはこれからの冬の寒さをいかに乗り切るかだな」

「あ、思い出した!」

「何だよ」

「イロドリちゃん、あなた最近いろんなとこで
  ”ここだけの話、俺は本当は犬派なんだ” とか
 わけのわからないこと言ってるらしいじゃないの」

「言ってねえよ、誰がそんなデマを !?
 ・・・あ、きっと、”ましらのチョーさん”だな
 あの人、何でもベラベラ喋るのが玉に瑕なんだよなぁ」

「言ってんじゃないのよ」

「いやいや違うんだよ。来年(戌年)は俺の当たり年だし、
 死ぬまでに一度は犬と暮らしてみたかったっていう
 ビンボー人の憧れだよ」

「あらあら、猫で悪うございましたね」

「ガハハハ、怒るなよ。でもな、俺にとっては
 ニャアコが猫でも犬でも人でもニャアコには
 変わりないんだよ」

「ありがとう、イロドリちゃん・・・
 って、あなたこれウルトラセブンの最終回の
 アンヌ隊員のセリフ丸パクリじゃないの」

「ガハハハ、バレたか、恥ずかしいからこのあと
 イロドリ写真館の記事入れてカモフラージュ
 しとくぜ」
 

nice!(2)  コメント(0) 

誰かのために、祈る夜 [ONE MORE NIGHT]

イロドリ 人生の海の嵐に・・・もまれ来しこの身も
     不思議なる神の手により 命拾いしぬ
     いと静けき 港に着き われは安ろう・・・
     救い主イエスの手にある 身はいとも
     安し・・・♪

ニャアコ どうしたのよ、いきなりわざとらしく
     ハナ歌なんて歌っちゃって

イロドリ ああ、今日はクリスマスだからな、
     感謝のシルシに聖歌なんぞをな

ニャアコ イロドリちゃん、クリスチャンだったの?

イロドリ いやいや、俺はクリスチャンでも
     セバスチャンでもない、たんなる
     煩悩まみれのダメおやじだけどな

ニャアコ 誰なのよ、セバスチャンって

イロドリ なんかさ、嫌なんだよ性格的にさ
     誕生日の御本人そっちのけで、意味も
     わからんと「聖なる夜」とかって
     アホ丸出しみたいじゃないか

ニャアコ あら、見て満月がすごく綺麗・・・

イロドリ 人の話聞けや・・・って、おお!
     スゲー!珍しいな、こんなに
     見事なお月様が出るなんて

ニャアコ あ、ホラ、流れ星!

イロドリ うわ!出来すぎだな、こりゃ
    (ホントは飛行機の光なんだけどな)
    満月をゆっくり横切ってく流れ星
     なんて最高だな、で、ニャアコは何
     お願いしたんだ?

ニャアコ 教えないわよ

イロドリ ちぇっ、相変わらずツンデレだな
     まあでも叶うといいな

ニャアコ あなた、何お願いしたのよ

イロドリ 俺か?俺はもうこの歳になってお願い
     っつてもなあ・・・
     4年前にニャアコが押しかけ女房みたい
     にウチに来てくれて、もうそれだけで
     生きててヨカッタって思ってるんだよ

ニャアコ 押しかけ女房で悪かったわね

イロドリ 愛情表現だよ、でもまあ何かお願い
     するっていうなら、世界中の子供たちの
     ところに、ちゃんとサンタクロースが
     来てくれる、平和な世の中になって
     ほしいっていうのと、ウチの子供たちが
     そういう世の中をつくる大人になって
     ほしい・・・ってくらいかな
     
ニャアコ ふーん

イロドリ さすがにいろんな意味で寒くなって
     きたな、さ、ニャアコ家に入ろうぜ

ニャアコ ねえ、イロドリちゃん、いいこと
     教えてあげるわ

イロドリ ・・・?

ニャアコ 私も同じことお願いしたのよ

イロドリ ニャアコ・・・


まるで描かれたような美しい満月を横切り
夜空を進む「流れ星」
願い事をしっかりと聞きとめるまで、待って
くれているかのように・・・
そして
クリスマスの夜は更けてゆく・・・




ラム   ・・・で、今回はフィルコリンズの
     「One More Night」は流れないのね

ニルス   どんな顔してこれ書いてるんだろうな

レミー   去年やらなかったから、もうやめた
      のかと思ってたら、まさかの!

イーライ  一度、自分で書いたのを声に出して
      読んでみろーって言いたくなるよね

ビジンダー まあ、お母さんも楽しんでやってるん
      だからそっとしときなさいよ
      でも、今夜はイロドリ一家は
      クリスマスでケーキ食べたりするん
      だって、いーなー

チー    大ニュース!今日の私たちの晩ごはん
      クリスマスだから特別に、鰹節の
      ふりかけ かけてくれるんだって!

一同    わーい!クリスマスばんざーい!


お・し・まい ♪


皆様にとっても素敵なクリスマスに
なりますように

イロドリ&ニャアコ一家











     

今年も鳥肌企画 「ONE MORE NIGHT」 [ONE MORE NIGHT]

イロドリ    「早いなあ、今年もあと2ヶ月きったぜ」

ニャアコ    「だからかしら、めっきり寒くなってきたわよねえ」

イロドリ    「日が暮れるのも、あっと言う間だな。まだ夕方の6時だぞ」

ニャアコ    「秋の日は釣瓶落としなんて言うけど、秋ももう終わりね・・・」

イロドリ    「しっかし今年も大変だったなあ、去年の体育部長の大変さが

         可愛く思えるくらいの怒涛の災難ラッシュだったぜホント」

ニャアコ    「まだ今年終わってないから油断しないほうがいいんじゃないの?」

イロドリ    「まあ、そりゃそうだけど、もう毎日フラフラやで、ワシ」

ニャアコ    「・・・」

イロドリ    「そういや早いって言えば、ニャアコがウチの家族になってもう2年か」

ニャアコ    「ふーん、そんなになるのね」

イロドリ    「一昨年の9月にこうして一緒に夕焼け見てた時は、まさか一緒に

         暮らしてこんな大家族になるなんて夢にも思ってなかったよなあ」

ニャアコ    「あら、あの頃は遊びのつもりだったの?」

イロドリ    「なんだよそれ、で、どうなんだよ、ニャアコは今、幸せかい?」

ニャアコ    「それ聞いてどうすんのよ、バカじゃないの」

イロドリ    「ガハハ、そのツンデレなところがまた何ともお茶目なんだけどな」

ニャアコ    「褒めてもなんにも出ないわよ」

イロドリ    「ハイハイ、さ、家の中に入ろうぜ、もう真っ暗になっちゃったよ」

ニャアコ    「・・・ねえ」

イロドリ    「?」

ニャアコ    「もう少しここで二人でこうして居ましょうよ・・・それがさっきの

         質問の私の答えよ 」

イロドリ    「ニャアコ・・・」


夜の帳が静かに下りてくる中、そっと寄り添う1人と1匹。

フィル・コリンズの「ONE MORE NIGHT」が優しく流れてくる・・・

P1020212.JPG


ニルス     「なあ、ラム姉、ひとつ聞いていいか?・・・・コレ、何?」

ラム      「さあ、こっちが聞きたいわよ・・・って言いたいとこだけど」

チー      「実はこれ、去年もやってんのよねえ」

双子      「ええーーーーーーーーーーーーーーーーーー!?」

ビジンダー   「あんた達はまだ生れてなかったから知らないけどね」

ニルス     「ヒイイ、こんな恥ずかしいもの去年もやってたのか~!」

レミー      「僕なんか、鳥ハダ立っちゃったよ、猫なのに・・・」

イーライ     「しかも2年連続でフィル・コリンズの曲をタイトルに使ってる

         んだぜ。図々しいだろ」

ニルス     「最後にオチで志村の変なおじさんが出てくるのかと思ったら

          フィル・コリンズの曲でフェードアウトとは・・・」

レミー      「こんなもんに曲のタイトル使われてコリンズも災難だな」

ニルス     「コリンズって、お前馴れ馴れしいなあ、ツレかよ」

ビジンダー   「疲れがピークに達するとこういうの書きたくなるのかしら?」

ラム       「一緒になってやってるお母さんもお母さんよね~」

イーライ     「でも本人結構、喜んでやってるかもよ?」

チー       「やだー」

ビジンダー   「あ・・・」

ラム       「どしたの?ビーちゃん?」

ビジンダー   「ううん、なんでもない」

一同       「?」

ビジンダー   (いつだかお母さんが、「私もまだまだ捨てたもんじゃないわね」

          って言ってたのって、このことだったのかな・・・)







ONE MORE NIGHT [ONE MORE NIGHT]

  「喜んで行い そして行ったことを喜べる人は 幸福である」


                               ゲーテ



ニャアコ 「昔の人はいいこと言うわね」

irodori   「そーだな、でも実際はしんどいもんだよ。何やっても一円の得にも

      ならないのに文句ばっかり言われてよ。結局、ニャアコとの1周年も

      知らん間に過ぎちゃっててお祝い出来なかったじゃねえか」

ニャアコ 「あら、せっかくの記念日に誰かの為に働くって私は嫌いじゃないわよ。

      毎日一生懸命頑張って、毎日何かの記念日にすればいいじゃない」

irodori   「おやおや、今時の猫も、いいこと言うんだね」

ニャアコ 「もう」

irodori   「冗談だよ。でもなんか、いっつも損な役ばっかり押し付けられて、

      貧乏くじばっかり引いてる気がしてな、もういい加減 疲れたよ」



ニャアコ 「私はね・・・」

irodori 「?」

ニャアコ 「私は、そんなあなた達が好きだから、このウチにやってきたのよ」



irodori   「・・・うん、この1年間ホントに楽しかった。感謝してるよ。ありがと」



[夜]フィルコリンズの「ワンモアナイト」が流れ、月明かりの下、寄り添う1人と1匹

P1000771.JPG







ラム    「・・・何これ、ハーレクイン?中ニ病?」

チー    「きっと、まだ疲れがとれてなくて、あっちの世界から帰って来れてない

      んだよ。そっとしておいてあげたら?」

イーライ  「そうそう、「正気に戻ったら恥ずかしくなって削除する」に三千点!」 

ビジンダー 「もう、イーライったら!でも本編、早く再開出来るといいけど・・・」




      










ONE MORE NIGHT ブログトップ