So-net無料ブログ作成
検索選択

おれがニャアコでニャアコがおれで [記念日]

2017-09-02_17.45.04.jpg

あらしが 過ぎたあと
ふるえる キミがいた庭 
今は一緒に寝転んで
見上げる あかね色の空
思い出す 毎日は
大変なことばかり
でも なんでだろう
嫌な気は しなかった
ママになって 強くなって
あたえる愛を 知ったキミ
きっと ニャアコの右手 が
幸せを 運んだんだ ♪



その、右手が折れた美しい黒猫が現れたのは
ちょうど6年前の今頃、台風が過ぎ去って
月と星がきれいな、澄み渡った秋の夜だった。

・・・って、毎年の風物詩の如く、この時期に
なると、ニャアコが我が家にやって来た時の話を
飽きもせずに書いてしまうわけですが、6年目に
なる今年の秋は、今までとは大きく状況が変わって
しまいました。

12年間、住ませていただいた借家を立ち退きになり
ニャアコとは離れ離れに暮らさざるをえなくなって
しまったのです。

奇跡的に、住めなくなった空き家を貸して下さる
方がいて、5月からそこでチーや謎の美少女猫、
そして孫たちと過ごすニャアコ。
6年前どういう成り行きで、どこから我が家に流れ
着いたのか知るすべもありませんが、今度は車で
約20分ほどかかる、海の近くの集落へと移り住む
という、何だか数奇な人生…ならぬ「猫生」を
歩ませてしまってるみたいで、心苦しい気持ちに
なります。

毎日、食事とトイレの世話を兼ねて会いに行くと、
車を停める音を聞きつけて必ず玄関まで迎えに来て
くれます。
「それアンタじゃなくて餌を待ってるんちゃうの?」
と、思われるかも知れませんが、結構な量のご飯が
皿に残ってる時でもちゃんと玄関に迎えに来てくれ
るので、きっと待っててくれてるんだと信じており
ます。(ちょっと自信ないぜw)

6年前のあの頃は、毎日、朝と夕方に、ニャアコが
我が家に餌を食べにやってきて、仕事から帰って来た
夕方などは、コンクリートの床に2人で寝っ転がって
暮れてゆく秋の空を眺めたものでしたが、今では
すっかり立場が逆転し、私がニャアコ達に会いに行く
日々です。

出会って、一緒に暮らして、そしてまたお互い
離れ離れに・・・

ただ、どんなに距離が離れていても、今は運命共同体
となったニャアコと、そしてその子供、孫を守って
ゆきたいと誓った6年目の秋でありました。


2017-09-02_17.45.32.jpg

イロドリ
「う~ん、またタイトル負けの記事になってしまった」

ニャアコ
「誰がキャベツ太郎やねん」

イロドリ
「会話になってねーじゃねえか」


ちなみに冒頭の歌詞は、昔からの読者の方はもう
ご存じでしょうが(覚えてねーよw)
女性シンガー「しゅがーれいん」さんが、作って
くださった曲「ニャアコの右手」です。
非常に素敵な歌声なので、ぜひ聞いてみたいという
方は、このブログのカテゴリー「ニャアコの右手」
(そのまんまやんけ)の記事で聴くことが出来ます
ので、どうぞよろしくお願いいたします。

ニャアコ
「誰がキャベツ太郎やねん」


2017-09-03_13.13.25.jpg

nice!(11)  コメント(0) 

ANNIVERSARY [記念日]

この記事は単独でもお楽しみいただけますが
1つ前の「三度目の正直VS二度あることは三度ある」
の後編として読んでいただけると、更に楽しめる
前後編となっております。


あなたを信じてる あなたを愛してる
心が透き通る 今日の日が記念日

        松任谷由実「ANNIVERSARY



2月11日夜@イロドリ家

2017-07-16_15.18.39.jpg

「ニャ・ア・コちゃん [黒ハート]

「・・・」

「あれ?返事がない。もう一回呼んでみるか、
 ニャ・ア・コ・・・・」

「聞こえてるわよ」

「なんだよ聞こえてるんだったら返事くらいしろよ
 せっかくこの雪地獄と歯痛地獄と寝違えた首痛地獄
 に打ち勝ってようやく帰って来たのによぉ」

「変質者が来たのかと思って警戒して返事しなかった
 だけよ」

「おいおい、えらい随分な言い方じゃねえか~
 そりゃないぜ セニョリータ [黒ハート]

「この間までアモーレとか言ってたくせに。で、何?
 セリョリータって言いたくてわざわざ呼んだの?」

「違うわいな。コレだよコレ!ジャ~ン!」

2017-07-16_15.19.05.jpg

「あら、今日発表だったの?・・・で、その
 喜び方は・・・まさか、とうとう入選!?」

「聞きたいか?聞きたいだろ?
 ガハハハ何と!何と!今回も昨年に続いて
 猫びより賞やで~!これで2年連続、通算3度目の
 猫びより賞や~!」

「・・・かわいそうに、ショックでおかしくなって
 こんなハイテンションになっちゃったのね・・・
 そのハゲ頭、毛づくろいして慰めてあげるから
 こっち来なさいな」

「いや、待てニャアコ。俺はマジで今モーレツに
 感動してるんだ」

「負け惜しみじゃないの?だって去年はあんなに
 おちんこでたじゃないの」

「おちんこでてねえよ、確かに去年は絶対入選確実の
 自信作だったから、本屋で結果見た瞬間はおちんこ
 ・・・じゃなくて落ち込んでたけど今年は違うぜ」

「いい歳してあんまりおちんこおちんこ言ってたら
 本物のバカかと思われるわよ」

「ニャアコが最初に言ったんじゃねえか。そりゃ
 もちろん一生懸命に書いたモノだから、入選
 してればそれにこしたことはないけどさ、でも
 沢山の応募者の中からこうして佳作とはいえ
 選んでもらえるなんて、俺はやっぱり幸せ者だよ」

「まあ、身のほどをわきまえてちょっとは成長した
 ってとこかしら」

「ああ、去年ニャアコが気付かせてくれたんだよ」

「褒めても何も出ないわよ」

2017-07-16_15.15.56.jpg


それから3日後の2月14日の夜

4日前に降った、2度目の記録的な大雪はまだまだ
踏み固められた状態で車道にも残っており、四苦八苦
しながら車を運転し、ようやく家に辿りついた
イロドリに、全く予想だにしてなかったサプライズが
待ち受けていた・・・

2017-07-16_17.44.01.jpg

それは「猫と私の記念日コンテスト」と同時に応募
した読者プレゼントだった。

去年、当選した商品が届いたのはまだコンテストの
結果が発表される前の1月だったのと、今回は当選
するのが1名だけの商品を狙ってたので絶対ハズレた
と思っていたのだが、まさかすっかり忘れた頃に、
それもバレンタインの日にわざわざ届くとは!

三度目の正直で入選を狙った今回の挑戦も、結果と
しては佳作扱いの「猫びより賞」で終わり、奇しくも
猫びより賞&プレゼント当選というジンクスは今回も
健在だったことになる。
しかし、バレンタインに「ニャアコからのご褒美」
が届くという最高に幸せな形で三度目の挑戦も
幕を閉じ、雪の夜は静かに更けていった。

(おわり)


親愛なる皆様へ

記念すべき500回目の記事が4カ月ぶりになって
しまいました。
前回の記事から今回までのこの4か月間、あまりにも
いろいろあって環境が激しく変わってしまいました。

イーライとニルスが相次いで虹の橋を渡り、ラムは
行方不明、ビジンダーとレミーは知人の家族へ
養子として迎えられてゆきました。
そしてペット厳禁のアパートへと引っ越さざるを
えなかった為、ニャアコとも離れ離れに暮らして
います。

とてもブログに向かう気になれず、4か月間も
放置していたので、すっかり忘れられてこの記事を
目にしてる方も殆ど居られないかも知れませんが
ようやく気持ちも落ち着いてきたので、これから
また少しずついろんな事を書いて残してゆきたいと
思ってます。










三度目の正直 VS 二度あることは三度ある [記念日]

今年の2月・・・わたくしイロドリウサギにとって
昨年同様、譲れない戦いが控えていた。


賢明な読者の皆様は昨年2月の記事
「夜中に書いたラブレター」(カテゴリー「猫」) を
覚えていてくださってるだろうか(知らんがな)

雑誌「猫びより」の猫の日企画、
「猫へのラブレター」コンテストに、主要5部門の
入選確実という自信作を送り込んだものの、結果は
まさかの佳作に終わり、落胆を隠せず家に帰ったあと
ニャアコから「選んでもらった感謝の気持ちがない」
と諭され、あらためて全国誌で佳作に選ばれたという
幸せを噛みしめながら眠りにつくという話だ。

そしてあれから1年・・・
今回も雑誌「猫びより」は毎年恒例の猫の日企画を
発表した。今回のお題は

2017-03-19_11.59.10.jpg

「猫と私の記念日」コンテスト である。

「夜中に書いたラブレター」の記事でも書いたが、
実はこの雑誌の猫の日企画で佳作に選ばれたのは
前回で2度目だった。
最初は2013年の「猫への感謝状」で、この時は佳作
扱いの「猫びより賞」でも嬉しかった。

2014年「猫の写真」コンテストはテキトーなピンボケ
写真を送って、納得の予選落ち。
2015年は、いろいろあって応募せず。
そして前年度、「猫へのラブレター」コンテストで
2年ぶりに満を持して、入賞目指し渾身の自信作を
送ったが、結果は2度目の「猫びより賞」だった。

・・・で、今回、懲りずに挑戦するのは
「猫と私の記念日」コンテスト。
例によって今回も締め切りギリギリまで粘って
知恵を絞り、心を込めて書き上げた作品は

「2月16日・本当の家族になった日」

ラム、ビジンダー、チー、イーライ、おはぎ4姉弟が
誕生する前日。それまで家の中に居ても絶対に寝てる
姿を見せなかったニャアコが、出産直前のしんどさも
あってか、私の腕枕・・・ならぬ手のひら枕に身を委ね
可愛らしい寝顔を見せた時、本当の家族になったと実感
した時の話だ。

前回同様、我ながらイイ感じの自信作であったが、
今回は何が何でも入賞獲るぜ!という野望はなかった。
もちろんニャアコのネタで勝負する以上は、最高の結果
を目指すが、仮に何にも選ばれなかったとしても、
それはそれで構わないし、発表までのドキドキを楽しみ
たいという気持ちの方が今は強かった。

11月末が締め切りで、発表は2月10日発売の3月号だ。
結果にはこだわらないとはいえ、発表を見るまでは
ドキドキだ。
実は、佳作扱いの「猫びより賞」だった過去2回には
共通点があった。
コンテストの応募用紙が付いてる11月号の、愛読者
プレゼントにも同時に応募して、2013年、2016年共に
当選しているのだ。
特に入選確実の自信があった昨年、まだ発表まで1ヶ月
近くある1月に、クロネコヤマトの宅急便で出版社から
小包が届き、おお!発表前にもう賞品が届いたのか!
と、アホ丸出しの恥ずかしい糠喜びしたのも今となって
は、いい思い出だ。

もちろん、今回もプレゼントにも同時に応募したのだが
さすがに今回は当選してる気配はなかった。
なぜなら今回は1名にしか当たらない賞品を希望して
いたからだ(笑) これは過去2回の
「佳作 ( 猫びより賞 ) + 読者プレゼント当選」
というジンクスを破るために、わざと当選する見込みの
ない賞品を希望するという涙ぐましい願掛けでもあった。

そんなこんなで、あっという間に2月になり、
「猫びより3月号」の発売日である2月10日になったが
山陰の田舎であるウチの地方は、月刊誌は発売日当日
には間に合わず、都会よりも1~2日遅れて店頭に並ぶ。
今年の2月10日・・・
前日までの快晴が嘘のように空が荒れ、夜には猛烈に
雪が降り出し、見る見る内に積もりだした。
翌2月11日、祝日の土曜日の朝、出勤のため早朝に
玄関を出たイロドリが見たのは、33年ぶりの豪雪による
見渡す限りの銀世界であった。
(詳しくは6つ前の「雪の朝の・・・」を見てね♪ )

今年に入って2回目の記録的な積雪で町が再びパニック
に陥ってる中、昼休憩時に本屋に行くべきかどうか
迷った。翌日は日曜日で仕事は休みだったが、おそらく
家から出るのに一苦労だろうし、一週間で唯一の休日は
雪かきで無駄な体力を使いたくなかったので、一か八か
発売されてる事を、そして今回こそは入選してる事を
信じて本屋に向かった。

大通りはさすがに除雪車による雪かきがされていて
比較的すんなり本屋に到着出来たが、肝心の本屋の
駐車場は、全く除雪されておらず、雪まつりの会場
みたいになっており、普段20台くらい停めれる駐車場が
2~3台しか停めれなかった。
まあ、わざわざこんなに雪が積もった休日に本屋に来る
人なんてよっぽどだろう(笑)

緊張の面持ちで本屋に入る。
あった!「猫びより」3月号!
う~緊張するぜ!
だが待てよ、過去2回の佳作+読者プレゼント当選
という負のジンクス (?) が今回は発動していない。
こりゃ、ひょっとしたらいけるんちゃうの?

果たして「三度目の正直」で初の入選なるか!?
それとも「二度あることは三度ある」のか!?

結果発表のページを開いたイロドリの目に映ったのは!?

・・・衝撃の結末は、次回、
 祝・5周年&3000nice&500記事達成記念
「ANNIVERSARY」で!(おいw)





祝・5歳!おはぎ4姉弟 [記念日]

2017-02-17_09.23.24.jpg


気が付けば2月17日・・・
ラム、ビジンダー、チー、イーライが生まれた日。

あまりの忙しさに写真を撮ることはおろか、接する
時間さえままならない状況なので、とりあえず
数年前の写真を・・・

2017-02-18_19.15.38.jpg

1歳になるかならないかの頃のラム

2017-02-18_19.18.32.jpg

ビジンダー

2017-02-18_19.15.06.jpg

チーに殴られるイーライ

2017-02-18_19.19.57.jpg

チー


しかし5年なんてホント、あっという間だなあ。

この5年間に感謝を込めて、こんなブログを覗きに
来て下さる皆様に、いいことが沢山ありますように [ハート]

イロドリ&ニャアコ一家





緑の瞳が見つめる先は [記念日]

それは九月だった
あやしい季節だった

  一風堂「すみれSeptember Love


ニャアコが我が家にやって来てから5年が経った。

あの時は、まさかこの黒猫と人生を共にするとは
思ってもみなかったので正確な日にちは覚えて
いないけど、あの2011年の、ニャアコと一緒に
眺めた、まるで時間が止まってるかのような
綺麗な夕焼けは、この先もずっと忘れることは
ないだろう。

2016-09-03_14.40.17.jpg

5年経っても何故か未だに写真はNGのニャアコ
必ず目を逸らします(笑)

絶対に動物が飼えない環境を乗り越えさせるほど
イロドリを虜にした、エメラルドのような美しい
瞳は今も健在であります。

祝・4歳!おはぎ4姉弟 [記念日]

2016-02-16_07.02.11.jpg

いつも当ブログを訪れて下さる皆様、
おかげさまで本日、おはぎ4姉弟こと
ラム、ビジンダー、チー、イーライの4匹は
めでたく4歳の誕生日を迎えることが出来ました (^^♪

全員元気に、と言いたいとこなんですが・・・

2016-02-17_09.22.38.jpg

実はチーが4歳目前にしてようやく避妊手術を終え、明日
2月18日に抜糸になります。

いろいろと事情があって4歳まで手術を受けさせて
あげれなくて申し訳なく思っておりました。

ニャアコの子供の中で一番、病院のお世話になる事が多く、
一番心配もさせられましたが、避妊手術も無事終わり、
本人もいたって元気なので安心しております。

本当は4人揃って記念写真を撮りたかったのですが
写真嫌いのニャアコに似て、絶対に写ろうとしません。
ひょっとして反抗期なんでしょうかね(笑)

写真がなかなか撮れないという事と、日々の生活が
年々大変になっていってる(笑)という事も重なって
猫たちの登場が最近めっきり減ってしまいましたが、
また初期の頃のように、ニルス・レミーの双子も含めた
子供たちの記事も書きたいなあと思ってます。

と、いうわけで皆様にも沢山の幸せと喜びが訪れますように
ニャアコ一家より愛を込めて [黒ハート]









HAPPY BIRTHDAY ~ 祝・おはぎ4姉弟 2歳 ~ [記念日]

P1020600.JPG

幸せなんて言葉もあるが

人それぞれに秤が違う

人は人だし あんたはあんた

別に 張り合うことなどないさ

雨が降る日は天気が悪い 

雲には雲の行き先がある

空は確かに広いけれど

心の広さと比べてみるかい

だから 

HAPPY BIRTHDAY

HAPPY BIRTHDAY

昨日までの 君は死にました

おめでとう おめでとう

明日からの 君のほうが 

僕は好きです おめでとう


(詞・曲・歌 / さだ まさし)※ 歌詞は2番のものです



いつもニャアコ一家に会いに来てくださる皆さま

本日2月17日で「おはぎ4姉弟」は無事、2歳になりました

月並みな言い方ですが2年って早いような長いような・・・

とにかくいろいろありましたが、こうして全員無事に2歳の

誕生日を迎えることが出来て感謝しております

あいにく写真が間に合いませんでしたが、それぞれまた

近いうちに登場しますので、よろしければ今後も会いに

来てやってくださいませ [黒ハート]

P1010486.JPG

この写真は去年の1歳の誕生日の記事に使ったもの

の使い回しです。

しかし、自由気ままに生きてる猫たちの誕生日に

さだまさし さんのこの曲はミスマッチでしたねー

まあ私自身がニャアコたちを通して、こういう風に教えて

もらってるって事で・・・

ちなみにこの「HAPPY BIRTHDAY」という曲は、

「道化師のソネット」のB面だったナンバーです

ドラマの主題歌だったみたいです。

ホントいい曲ですね。




































祝・誕生日!ニルスとレミー [記念日]

いつもニャアコ一家に会いに来て下さる親愛なる皆様、

今日、12月3日でニルスとレミーは満1歳になりましたー!

P1020422.JPG

こんなに可愛かった双子が・・・

おかげさまで今ではこんなに立派になりました~!


P1020424.JPG

ニルス


P1020423.JPG

レミー



本当は誕生日の記念に、今までの写真で1年を振り返るという

企画を考えてたんですが、ちょっと時間と体力に限界がきてる

ので、またの機会にしたいと思います。

ちなみに、ニルスとレミーという素敵な名前は、いつもコメント

くださる青竹さんの、息子さんと娘さんが考えてくださいました。

青竹さんとご家族の皆様をはじめ、いつもこのブログを訪問して

くださる皆様、nice!やコメントをくださる常連の皆様がたに

見守られてニルスとレミーが無事に1歳を迎えられたことに

ホントに感謝いたします。ありがとうございまーす。


イロドリウサギ&ニャアコ一家より愛と感謝をこめて [黒ハート]


祝・誕生日「僕が一番欲しかったもの」 [記念日]

P1010953.JPG

さっきとても素敵なものを 拾って僕は喜んでいた

ふと気が付いて横に目をやると 誰かがいるのに気付いた

P1010950.JPG

その人はさっき僕が拾った 素敵なものを 今の僕以上に

必要としている人だということが分かった

惜しいような気もしたけど 僕はそれをあげることにした

P1010949.JPG

きっとまたこの先 探していれば

もっと素敵なものが見つかるだろう

その人は何度も ありがとう と

嬉しそうに僕に笑ってくれた

P1010954.JPG

結局 僕は そんなことを何度も繰り返し

最後には何も 見つけられないまま

ここまで来た道を 振り返ってみたら

P1010952.JPG

僕のあげたもので たくさんの 人が幸せそうに笑っていて

それを見たときの気持ちが僕の

探していたものだと わかった

P1010951.JPG

今までで一番 素敵なものを

僕はとうとう 拾うことが出来た

P1010948.JPG

「僕が一番欲しかったもの」 (一部中略)

作詞・作曲・歌 / 槇原敬之


というわけで、本日・7月1日は、ワタクシ irodoriusagi の誕生日です~!

フツーは40過ぎたオッサンが自分の誕生日を喜んだりしなんでしょうけど

私は基本的に「自分大好き人間」なので、いくつになっても誕生日が楽しみ

なんですわ。

でも、あらためて自分の人生を振り返ってみると、なんら自慢できることの

ない・・・どこかへ旅行を楽しんだり、酒飲んでみんなでワイワイやったり

することもないし、それどころか、騙されたり面倒なことを押し付けられて

ばっかりの、つまらない人生だよなーって思います。

でもでも、たとえ他人様と比べてつまらなかったとしても、一度きりの

私の人生なので、つまらないなりに一生懸命に生きて、死ぬ間際には

子供達に「つまらなかったけど、無駄じゃなかったんだぜ・・・ガクッ」

って感じであの世に逝けたらなーと思ってます。


そんなわけで、今回は久々ニャアコ一家勢ぞろいでお送りしました。

曲は大好きなマッキーのナンバー「僕が一番欲しかったもの」です。

これまた大好きな「良かった、病気の子供はいないんだ・・・」っていう

CMといっしょで、こんな風に生きれたらいいなあっていう理想ですよね。

出来る出来ないは別として、こういう人でありたいと思いながら、残りの

人生を生きていきたいものです。


さて、写真のニャアコ一家ですが、どれが誰だかわかりました?

じゃあ、答え合わせです、上から、

ラム → チー → ビジンダー → イーライ → ニルス → レミー → ニャアコ

の、順でした。わかりました?

立派な豪邸ならともかく、狭い平屋の借家に5人家族と7匹家族の生活

というのは、想像を絶する日々ですが、ニャアコが我が家にやってきた

ことによって、今まで縁がなかったような世界を知ることが出来ました。

こうして今日、ここを覗きに来てくださった皆さんにも心から感謝します。

(あんまりにも記事が しょーもなすぎて、騙されたーっとか言わんでね)


ではでは、これからもニャアコ一家ともども、よろしくお願いいたします。




















祝・誕生日!おはぎ4姉弟 [記念日]

ちょうど1年前の今日、朝の4時半頃。

どこからともなく聞こえてくる「ミーーミー」「ニーニー」という

ネズミの鳴き声のような音で目が覚めた。

子供たちが寝ている隣の部屋を覗いて見ると、鳴き声は息子の布団から

聞こえてくるようだ。

急いで子供たちが眠る隣の部屋に乱入し、電気を点ける。

熟睡してる息子の布団を捲ってみるとそこには・・・

数個のおはぎ・・・いや、おはぎのように黒く小さな物体が数個、けなげに

産声をあげていた。

ニャアコの子供たちだ。


産まれる数日前に、ニャアコの分娩室兼その後の子猫たちの部屋にするべく

一生懸命に私が作ったダンボールハウスには目もくれず、ニャアコは息子の

布団の中で出産し、その後も小4の息子と器用に布団をシェアしながら

生れたばかりの仔猫たちを育てていった。

何度、ダンボールに移し変えてもニャアコの「リアルクロネコ宅急便」が

ご丁寧に1匹づつ咥えて布団に戻してしまうのだ。


生れたのは5匹だったが、わずか2日目で1匹亡くなってしまった。

猫ビギナーながら、おそらく全員無事に育つのは難しいのでは、とある程度

覚悟はしていたが、やはりショックだった。

どうか、この兄弟の分まで元気に育ってほしいという願いが通じたか

4姉弟たちは息子の布団から巣立った後も、元気すぎるくらい元気だった。


膝ちかくまで雪が積もるような冬を越え、美しい春が過ぎ、熱中症警報が発令

するほど暑かった夏も乗り切り、辛く多忙でそれでも楽しかった秋を送って

また冬がやってきて1年。


20歳前後まで生きる猫もいるのに「たかが1年で」と笑われるかもしれないけど

生れてこのかた猫に触ったこともない私にとって、ニャアコと、そして4姉弟と

過ごしたこの1年は、かけがえのない宝物になった。


ラム、チー、ビジンダー、イーライ、誕生日おめでとう。

これからもずっと元気でいておくれ。

そしてニャアコ、いつもありがとう。

それから星になってしまった兄弟、君のことも忘れたことはないよ。

これからも空の上から君の4姉弟を見守ってやっておくれ。

皆がいつまでも元気ですごせますように。

そしていつもニャアコたちに会いに来て下さる親愛なる皆さんに、これからも

沢山の幸せが訪れますように。

P1010486.JPG


え~と、そういうわけで今日は我が家のおはぎ4姉弟こと

ラム、チー、ビジンダー、イーライの満1歳の誕生日です。

そこで何と!きっとどこかに居るであろう「猫の神様」(誰やねん、それ!)から

粋な計らいが!今月12日に発売された猫の雑誌「猫びより」3月号の記事、

「猫への表彰状」という特集で、ニャアコへの表彰状が「猫びより賞」という佳作

に選ばれて、小さい枠ではありますが同封した写真が一緒に掲載されました。

なんとも(同居人にとって)嬉しい誕生日プレゼントになりました。

ただ、残念ながら便箋に書いた表彰状の私の字が汚すぎて編集者の方が

活字に直した時にチーの名前が「キー」になってました。トホホ [もうやだ~(悲しい顔)]

P1010491.JPG

P1010492.JPG

猫びよりさん、ありがとう!いい雑誌です(やらしいな、キミ)

ということで、この1年間おはぎ4姉弟の日常を見守ってくださった皆様、

本当にありがとうございました。

これからもよろしくお願いしまーす [黒ハート]

irodoriusagi とその家族、ニャアコ&おはぎ4姉弟

P1010487.JPG

これが掲載された写真です。