So-net無料ブログ作成

秋の色、秋の風 [イロドリ写真館]

2017-08-27_13.05.31.jpg

先週、高校野球の決勝が終わった夜、それぞれの地域で
地蔵盆が行われ、締めの花火大会が終わったと同時に
これで今年の夏も終わったなと実感いたしました。

2017-08-27_13.40.39.jpg

スマホで撮るとショボ過ぎて恥ずかしいぜ (;^ω^)


2017-08-27_13.04.46.jpg

ニャアコ達がお世話になってる猫屋敷の集落にも
秋の気配が・・・

2017-08-27_13.06.17.jpg


今朝、妙に朝の風が気持ちいいなと思って外に出て
みると ↓

2017-08-27_12.45.10.jpg

2017-08-27_12.45.34.jpg

お盆の5連休を含め、何の思い出もないまま
今年の夏も去ってゆきそうです(笑)

2017-08-27_13.05.08.jpg
nice!(8)  コメント(2) 

ああ、この場面は...(ヒグチユウコ・いらないねこ) [オススメ]

「逃げ出してきて だいぶんたつから
 あんた、ずいぶんおおきくなったわね。
 あたしの昔着てた服をあげるから
 好きなのをえらびなさい」

子ねこはうれしそうに 店主の色とりどりの
クローゼットを見ました。
ゴソゴソと いろんな服をみたあと

「これがいい!」と いいました。

ガラガラ!と 戸をあけて ニャンコが
本屋にやってきました。

すると いつもとちがう 黒いワンピースを
着た子ねこがいました。
おねえさんのような子ねこを見たニャンコは
目から涙をこぼしました。

「おとうさん、なんで泣くの?」

ニャンコは 涙がとまりません。


「いらないねこ」第14回より



今回は大好きなヒグチユウコさんの絵本、
「いらないねこ」の紹介です。

前作「せかいいちのねこ」は、愛してやまない
持ち主 (?) の男の子が成長しても飽きられること
なくずっと一緒にいたいと願う、ぬいぐるみの
ニャンコが「猫のヒゲを集めると本物の猫になれる」
という話を聞いて、さまざまな個性的な猫たち
からヒゲをわけてもらうけれども本物の猫には
なることが出来ず、でも、ぬいぐるみの姿でも
男の子はこれからもずっとニャンコのことを
大切に思うし、一緒にいられる。と同居人の
本当はいじわるじゃない「いじわるなねこ」に
諭され、今のままの自分自身を受け入れるという
成長譚でした。

正式な続編にあたる今作では、なんとニャンコが
捨てられていた子ねこを連れて帰って育てるお話
です。

・・・まあ、それだけの話なんですが、もうね、
ただひたすら可愛いんですよ。猫たちがね。

なんでこんな絵が描けるんや?と不思議なくらい
表情が豊かで、仕草がいじらしいんですよね~。

特にロンパースを着てる子ねこの姿とか、それを
見つめるデレデレのニャンコパパの表情なんて
それ見てるだけで幸せな気持ちになってしまいます。

連載が進むにつれて、子ねこも少しずつ大きく
なってゆき、さすがに一緒に暮らすわけには
いかなくなって、「愛娘」は新しい家族のもとへと
行ってしまうのですが、「ある出来事」があって
最終回の2つ前の第13回で再びニャンコたちの元へ
逃げて戻って来てしまいます。

この記事の冒頭の文章は、次の第14回のものなん
ですが、その時のこの場面 ↓

2017-08-20_15.07.57.jpg

これを見た時、思わず私もニャンコと一緒に涙が
出そうになりました。

なぜなら・・・

2017-08-20_15.08.57.jpg

この「ふたりのねこ」のイラストと同じだった
からです。

何が言いたいのか、わかんねーよ!このハゲー!
と思われるかも知れませんが、説明するとですね、
この2枚めの ニャンコを抱き上げているのは
前作「せかいいちのねこ」の更に前作にあたる
「ふたりのねこ」に出てた「ねこ」だと思うの
ですが、この前々作「ふたりのねこ」は出版社が
違うということもあってか、ど~うもパラレル
ワールドっぽい扱いで、物語のラストで離れ離れに
なった後、「ねこ」は二度と出てきません。

で、今回、成長した「愛娘」があの「ねこ」と
同じ服を着てるのを見て、てっきりニャンコは
彼女のことを思い出し、その姿がダブって泣いたの
かと思ったんですが・・・

どうもあんまり関係なかったみたいです(笑)
ただただ娘の成長した姿に感動したようです。

2017-08-20_15.08.20.jpg

でも、勝手にそんな深読みしてしまうくらい私に
とってはニャンコシリーズ最初の「ふたりのねこ」
も思い入れの強い大切な作品なのですよ。
綺麗に完結してるので、変に続編とか再登場は
なくていいですけどね。

ということで、今回は珍しくネタばれなしで(笑)

果たして新しい家族の元から逃げて帰って来た
ニャンコの愛娘はどうなるのか、9月1日に発売の
「いらないねこ」をどうぞお楽しみに。

2017-08-20_15.54.56.jpg

チー
「文章ヘタ過ぎて何書いてんのかわかんないヨ」









nice!(11)  コメント(0) 

夏も、あと僅か [イロドリ写真館]

2017-08-19_22.42.41.jpg

こういう↑空を見ると、夏ももうすぐ終わるな・・・
って思っちゃいますね。

2017-08-19_18.55.41.jpg

2017-08-19_22.41.31.jpg

2017-08-19_22.39.42.jpg

ホントは、村山由佳さんの小説「風は西から」の
感想を書いてたんですが、なかなか思うように言葉が
出てこなくて文章が進まないので、下書き保存にして
日を改めてまた投稿したいと思います。
まあ別に改めて出直すほどの感想でもないんですけどね。

2017-08-19_22.42.09.jpg

妙にふっくら写ってるニャアコ
どんなことがあってもカメラの方を見ない(笑)
nice!(6)  コメント(0) 

残暑お見舞い申し上げます ♪

2017-08-12_17.24.44.jpg

残暑お見舞いというわりには、マフラーしてる奴が
いるという・・・

2017-08-12_17.25.35.jpg

謎の美少女猫
「めっちゃテキトーじゃないの~ダンチョネ~♪」
nice!(10)  コメント(0) 

久々イロドリ写真館と「これから」(後編) [イロドリ写真館]

2017-08-06_18.01.17.jpg

ブログの更新が止まっていた4か月の間に、楽しみに
していたものが次々に終了していった。

居酒屋「和民」の過労死事件をモデルにした
村西由佳さんの小説「風は西から」、

月間MOEで連載していたヒグチユウコさんの
ニャンコシリーズ「いらないねこ」、

そして、12年間「教育里子」という形でささやかな
援助を続けていた、インドのマリヤちゃんの援助期間も
卒業という形で無事に終了した。

全くブログに向かう気力も時間もなかったので、
それぞれもうだいぶん時間が経ってしまったけど
ちかいうちにまた記事にしたいと思ってます。

2017-08-06_18.02.50.jpg

雨上がりの夕焼け


2017-08-06_18.03.53.jpg

昭和の特撮ドラマに出てきそうな風景(笑)


2017-08-06_18.00.51.jpg

画像が粗過ぎて、湖畔の別荘地のように見えますが
(見えねーよ)水を張って田植えが始まった頃の
近所の写真です。


2017-08-06_18.14.17.jpg

4か月間、音沙汰もなくいきなり再開したのに
またここを訪れて下さる皆様、ホントにありがとう
ございます。
暑い日が続いてますので、日射病、熱中症など
くれぐれもお気をつけて。
nice!(10)  コメント(2) 

久々イロドリ写真館と「これから」(前編) [イロドリ写真館]

3月末に更新が止まって、再開するまでの約4カ月の間、
実にいろいろな事があった。
特に5月の半ばにウチの家族とニャアコ達の住処が
決まるまでの間の1か月半はショックな出来事が続いた。
イーライの死、ラムの行方不明、ニルスの死、
ビジンダーとレミーとの別れ、そしてニャアコと
離れ離れの暮らし・・・

5月にようやく生活が落ち着いた後も、なかなか
ブログを更新する気にならなかったのはやはり
気持ちが整理出来なかったからだと思います。

コレ読んで一体何の得があるんや?と言いたくなる
ような記事しかないにも関わらず、さらに予告も
無しのいきなりの再開にも関わらず、訪れて下さった
皆様に感謝いたします。
本当にありがとうございます。

また、ボチボチ更新してゆきますので、どうぞよろしく
お願いいたします。

2017-08-01_17.49.24.jpg

2017-08-01_17.48.44.jpg

2017-08-01_17.49.49.jpg

2017-08-01_17.49.08.jpg

猫屋敷.jpg


ここは、現在のニャアコ達がお世話になってる「猫屋敷」
の近くの風景です。
海のすぐ近くに流れる大きな川沿いの集落で、夕方の
景色がすごくきれいな所です。


2017-08-03_17.25.19.jpg


まるで昔から住んでたかのように、すっかり馴染んで
寛ぐニャアコ達(笑)
最初の頃のように、猫たちの姿もコマメにアップして
いきたいと思ってます。


nice!(8)  コメント(2)