So-net無料ブログ作成

1ヶ月経って

すっかり世間さまからは忘れられてしまってますが、
地震が発生してから1ヶ月が過ぎました。

2016-11-23_19.57.31.jpg

2016-11-23_19.57.00.jpg

しばらくの間、絶えず小さな揺れが続いていたのと、
さらに思い出したかのように時々、震度3や4クラス
が来ていたので、瓦の修復がなかなか進まないのか
修復出来る職人さんの数が圧倒的に少ないのか、
屋根を覆うブルーシートの面積が増えていってる気が
します。

そんな中で、また東北方面で地震がありました。
これ以上被害が広がらないよう祈っております。

今年も無理か・・・くそっ!

去年も「秋のダレトクヒメジツアー」は行けなくて
今年こそは!と思ってたけど、震災の関係やら
何やらで今年も無理っぽい・・・

残念・・・

_20161120_192804.JPG

2年前の写真

「萌え~」な喋り方の人たち [可愛い ひと]

物凄~く、どうでもいい話なのだが、掃除の仕事の
派遣先である病院に、アニメの声優みたいな喋り方を
する女性職員さんがいる。

それも3人も。

声質も声優っぽい感じなのだが、とにかく喋り方が
萌え~というか、甘ったるいというか、子供相手の
保育士の人でもこんな物の言い方せえへんで、と
言いたくなるくらいの違和感なのだ。

ただ、これが患者さんとか、職員とか、自分に利益の
ある相手にだけ使い分けて、私らみたいな掃除の
オッサンやオバハンには知らん顔、だったら単なる
媚媚のツンデレくそ女なのだが、この方々3人とも
見事なまでに誰に対しても礼儀正しく、愛想よく
非常に感じの良い女性なのだ。
う~ん・・・育った環境の良いお嬢なのだろうか。

ただし病院から一歩でも出たら外で会っても見て見ぬ
フリされるけど(笑)

しかし病院側はこれを個性として認めてるのだろうか
・・・などと思っていると、20年前に姫路の銀行で
作ったキャッシュカードが使えなくなる事件があって
その銀行に連絡した時、電話で応対して下さった
窓口の女性もこんな萌えアニメの声優みたいな喋り方
だった。

そして、キャッシュカードの事で電話してるのに
「今回の地震は大変でしたね、大丈夫でしたか?」と
気遣ってくれるような優しい女性だった。

こういう人達って、多分、裏表のない正真正銘の
萌え~な喋り方なんだろうけど、怒ったりブチ切れ
たりしたらどんな口調になるんだろうか・・・と
ちょっと興味が湧いてしまった。





幸せな結末(ふたりのねこ) [オススメ]

最近、震災関係の記事が続き、書く方も読む方も
ちょっとしんどいかなと思い、
(読む方の人は、ほとんどいませんがw)
今回は再びヒグチユウコさんのイラストを。
※フィルターで加工してます。

2016-10-26_20.36.10.jpg

これは以前紹介した絵本「ふたりのねこ」の
「ねこ」と「ニャンコ」ですね。

絵本の本編ではこのようなシーンはなく、おそらく
描き下しではないかと思われます。
ちなみに絵葉書になっており、ヤフオクで見かけて
どうしても欲しかったので、結構いい値段で落札し
入手いたしました。

特に説明などは添えられてないので、自由な解釈が
出来るんでしょうけど、私はこれは絶対に、あの
切ないラストで終わった本編の数年後、ニャンコは
「ぼっちゃん」やその家族と、ねこは顔見知りの
犬や、その優しそうな飼い主との「新しい家族」と
それぞれ幸せに暮らす中で、何かの拍子にどこかで
再会した「ふたりのねこ」 の姿だと信じてます。

数百枚、数千枚あるかもしれない、そしてこれからも
数百枚、数千枚と描かれてゆくであろうヒグチユウコ
さんのイラストの中で、今までもこれからも
私がずっと一番大好きな絵です。



光の八犬士よ、もう一度(後編)

2014-12-01_10.31.44.jpg

里見八犬伝の物語のモデルになったと言われている
里見忠義公と、八賢士と呼ばれた家臣の方々が眠る
この地で、3年前まで毎年行われていた催し物、
「山陰KAMIあかり」

廃止になったとも、中止になったとも報せがないまま
気が付けば開催されないままもう3年が過ぎた。

八犬士の、あの8人揃った雄姿は3年前のあの日が
最初で最後だったのか・・・

3年前のこの写真は、当時愛用していたデジカメで
撮ったものだ。
使い捨ての「写るんです」から乗り換えた時は
画像の鮮やかさに驚いたものだった。
でも安物だったので、すぐに壊れて使えなくなり、
ケータイから買い替えたスマホのインスタグラムの
方が綺麗に撮れるのを知った時は笑ってしまったが。

果たして再びこの雄姿を写す日が来るだろうか・・・

P1020175.JPG

P1020176.JPG

P1020177.JPG

P1020184.JPG

P1020179.JPG

P1020180.JPG

P1020178.JPG

P1020181.JPG


地震で傷ついたこの「遥かな町」に
光の八犬士が再び降り立ってくれることを願いつつ。



光の八犬士よ、もう一度(前編)

P1020174_0001.JPG

これは今から3年前「集結!光の八犬士!」という
記事を書いた時の写真です。

職場の近くで毎年秋に行われてた「山陰KAMIあかり」
という催し物があって、和紙や牛乳パックで出来た
子供たち手作りの灯篭が、静かな夜道の両端に百個
ほどズラッと並んで灯っていたり、かと思えば屋台や
ささやかな野外ステージで賑わってたりと、決して
派手過ぎず、ほどよい活気が秋の田舎の夜を彩ると
いう、お祭り嫌いの私が唯一楽しみにしていた
特別な日でした。

当時の記事でも書きましたが、写真の八犬士はこの
催し物の目玉として毎年1体づつ制作されていて、
8年めのこの年、ようやく勢揃いした時の記念すべき
一枚です。

なんで里見八犬伝が関係あんねん!? と思われるかも
しれませんが、この催し物が行われていた「赤瓦」
「白壁土蔵」と呼ばれる観光地には八犬士のモデル
になったといわれてる里見忠義 公と八賢士と呼ばれた
家臣たちのお墓があるのです。

しかし皮肉なことに、ようやく八犬士が勢揃いした
翌年から、この「山陰KAMIあかり」は開催されなく
なってしまいました。

完全に廃止になってしまったのか、ただ中断してる
だけなのか・・・
そして、今年こそはひょっとしたら、と淡い期待を
抱いていた矢先の2週間前の地震・・・

2016-10-22_13.31.35.jpg

(つづく)

秋はどこへ行った [イロドリ写真館]

2016-11-01_14.26.24.jpg

夏の終わりから台風が連発でやって来て、
ちょっと落ち着いたかな、と思ったら今度は
震度6弱の地震が・・・

そして地震の直後から気温がめっちゃ下がって
気が付くと今年ももうあと2カ月!

ああ・・・
俺の待ち望んでいた秋は、いったいどこへ
行っちまったんだ・・・