So-net無料ブログ作成

あんたこの底辺職場どう思う(前編) [はたらく おっさん]

カテゴリー「はたらくおっさん」

それはイロドリが勤務する清掃会社が仕事に入らせて
もらっている、某・総合病院での日々を描くシリーズ
である。

現在、責任者とは名ばかりで何の権限もない主任、
イロドリの下で毎日の病院清掃の業務に勤しんでいる
メンバーは計13人。女性11名、男性2名。
そのうち2人は障碍者支援センターみたいな所からの
紹介で会社が採用した女性たちで、残りは職安を通して
やって来た人たちなのだが、時給が安過ぎるせいか、
殆ど全員が何かしらの重大な問題を抱えてて、他所の
会社はおろかウチの会社の他の部署ですら使い物に
ならない 「ワケあり集団」だった。

言い方は悪いが、他所で使い物にならないような人達が
10数人もいると、それはそれは毎日大変である。
しかもこんな問題児みたいな連中をイロドリ1人に
押し付けておいて、会社は全く知らん顔で、完全に
丸投げ状態になっており、もうホントに
「掃除屋=底辺の仕事」というイメージを裏切らない
目を覆いたくなるような毎日で、常に何かしらの
問題が起きている。

今回の事件は・・・


数週間前のある日、ウチと同じく病院から委託されてる
別業者の女性から相談を受けた。
聞けばその業者さんの女性数人のうちの1人が、ウチの
チームのマサル君 ( 仮名 ) にストーカーまがいの接し方
をされていて困っているので何とかしてほしい、との
ことだった。

「またか・・・」

マサル君を採用して今年でもう6年になる。
実は彼はこの病院に勤務してた看護師さんの息子で
「息子が仕事がなくて困ってる。アンタのとこで
 使ってもらえないだろうか」と頼まれて
まあこの看護師さんの息子だったら、そんな変な奴
ではないだろうと判断し、重いものを持つ男手も
必要だったこともあり、会社には事後承諾で
本人に会う前に私が採用を決めてしまったのだ。

入ってきてはすぐ辞めてゆく人の多いこの仕事
( というかウチの会社 )で6年といえば立派な重鎮であり
貴重な男性の戦力でもあり、本来なら私の右腕として
副主任になっていてもおかしくない立場なのだが
実際は6年経っても未だに彼の行動には常識レベルでの
苦情が後を絶たず、毎日同じことを注意しなければ
ならない非常に危険な「クレーム製造機」なのだった。

例えば・・・

患者さんのいる病室の掃除に入る際、ノックも挨拶も
せずに入って、了解も得ずに仕切りのカーテンを開けて
黙って掃除しだした。

とか

車いすやベッド、食事の配膳車などが通路に並んでて
明らかに清掃カートは通れないだろうと、アホでも
わかる狭い隙間を無理矢理に通ろうとする。

とか

エレベーターを使用する際、すでに数人の先客が乗って
いるにも関わらず無理矢理に無言で清掃カートごと
乗り込もうとしたり・・・
しかもその清掃カートに積んでるのは大量の使用済み
紙おむつなのだ。

等々、他にも細かく言い出すとキリがないくらいに
しょっちゅう何かしらやらかしていて、いつ病院側から
最後通告がきてもおかしくない、ヒヤヒヤものの毎日が
気がつけばもう6年も続いていた。

誰が見ても、どう考えても彼には向いてない仕事なのだが
致命的なのは、マサル君は他人と会話が出来ないという
ことだった。
しかもちょっと難しいことを頼んだり、こちらの口調が
少しでも問い詰めるような感じになると「アワワ・・・」
とパニックになってしまう。

最初に会った時からそれは嫌というほど思い知らされた
ので、なるべく患者さんや職員さんに接する機会が少ない
仕事を考えて任せていたのだが、時給が安いうえに内容が
キツいのでまともな人がどんどんと辞めてゆき、結局
マサル君にも頼らざるを得ない現状なのだ。

「病院」という現場がら、常に危険きわまりない存在の
マサル君ではあるのだが、仕事は向いてなくても彼は
基本的には真面目で6年の間、一度も無断欠勤や遅刻が
ないどころか、毎日、作業開始の1時間近く前には必ず
出勤していて準備をしてくれている。
ただし、これだけ早く出勤してるにも関わらず昼までの
作業が間に合わない時もしょっちゅうなのだが・・・

真面目に働こうという意欲がある間は、何とか使って
やりたいと思い、苦情が来るたびに代わりに頭を下げて
尚且つ今後は注意するようにと噛んで含めるように
言い聞かせ、まるでその存在を隠すように庇いながら
危ない橋を渡る思いで仕事を任せているのだが、
どうも彼にはあまり響いていないようだ。

そして今回のこの一件である。

「またか・・・」

何ともやりきれない脱力感に襲われながら、その業者の
女性からの相談を聞いた。


(つづく)






イロドリ再び発狂す&次回予告

2015-11-05_17.38.30.jpg


払っても払っても一向に減る気配のない借金。
働いても働いても一向に上がる気配のない賃金。
もうカラオケでジュリーの「ストリッパー」でも
歌わないとやってられないくらいに追い詰められ、
発狂したイロドリに、更に追い打ちをかける
職場の異常な面々の予測不能な奇行・・・

次回、手の折れた招き猫
「あんたこの底辺職場どう思う」に
ご期待・・・しないで下さい (。´・ω・)?

夜風がE気持ち [イロドリ写真館]

昨日、無性に隣町の大きな本屋さんに行きたくなって
仕事が終わってから愛車を飛ばし、いざ隣町まで
立ち読みツアーにGO!

帰りは午後8時前だったんですけど、この時期まだ
ちょっと明るいんですよね~
で、帰りに思わず撮ってしまった写真がコレ ↓

2016-07-19_19.51.25.jpg

道を挟んだ左側(日本海へと続く川)


2016-07-19_21.43.09.jpg

道を挟んだ右側(大山 ※だいせん って読みます)

この、月明かりに照らされた、雲を纏った霊峰大山の姿は
ずっと眺めてても飽きないくらい本当に神々しい美しさ
だったんですけど、素人がインスタで撮ると、まさに
「猫に小判」月の光も車のライトも同じという驚きの
ショボさ・・・
でも、日中の暑さが嘘のような気持のよい夜風が
吹いていて何とも言えない不思議な時間でした。

この近くには福山雅治アニキのカメラの師匠、
写真家・植田正治さんの写真美術館があるので、いつか
行ってみたいなあ・・・


(おまけ)

2016-07-20_15.06.17.jpg

2016-07-20_15.23.30.jpg

2016-07-20_09.55.12.jpg











そりゃないぜ・・・ [雑感]

いやぁ、やられた・・・

何がやられた?

写真ですわ・・・顔写真・・・免許の。

苦節10数年、無事故無違反で久々にゴールデンの
5年モノの免許証を奪還出来た喜びも束の間、
写真がね、とんでもないことになっとるですよ。

閲覧注意の心霊現象みたいな・・・

これから5年間、身分証明でこの免許の写真を
事あるごとに曝け出すなんて考えられへん。
今度から「免許か保険証、確認させて下さい」って
言われたら迷わず保険証やな。


2016-07-16_19.56.15.jpg

「プッ、ククク・・・」
マツケンも思わず吹き出すドイヒーぶり(笑)


祝・誕生日企画☆輝け!第8回「カネに困っても手放したくないお宝自慢」 [お宝]

イロドリ
「ハッピーバースデーじ・ぶ・ん~ [黒ハート]
 YEEEeeeeeeaaaahhhhhhHHHH!」

ニャアコ
「・・・」

ビジンダー
「2年前に見たような光景だけど」

レミー
「電気グルーヴのパクリまで一緒じゃんか」

ラム
「でも今回は本当に気が狂ってるっぽいわよ」

イーライ
「人間ってカネに困るとホントに壊れちゃうんだね」

ニルス
「呆気ないモンよのぉ」

謎の美少女猫
「さようなら、優しかったイロドリちゃん・・・」

イロドリ
「誕生日おめでとう俺!ハッピー?ハッピー?」

チー
「ハッピー!」

ニルス
「ヤングおーお-!か」

イロドリ
「いや~1年ぶりにお宝自慢のコーナー復活だぜ!
 しかも2年ぶりの誕生日記念企画や!ハッピー?」

ビジンダー&チー
「ハッピー!」

ニャアコ
「相手にすると調子に乗るからやめなさい」

イーライ
「ん?ちょっと待って、2年前の時って確か
 しゅがーれいん さんに作ってもらった
 お母さんの歌 ( ニャアコの右手 ) のCDだったよね
 ・・・ってことは、もしかして今回も」

チー
「ひょっとして私の歌かな?ドキドキ」

イロドリ
「あー、期待させて悪いんだが、残念ながら今回は
 歌でもCDでもないんだわ」

チー
「えー何それ残念・・・」

ラム
「相変わらず企画の主旨が全くわからない流れに
 なってるけど、2年ぶりにわざわざ誕生日に
 引っ掛けて披露するくらいなんだから、相当凄い
 お宝なんでしょ?」

イロドリ
「フフフ、俗に言うアレだよ
 予想は裏切り、期待には応える!ってヤツだ」

ビジンダー
「気になる~ ♪」

ニルス
「勿体ぶってないで早速いってみようぜ」

イロドリ
「おう!いくぜ、誕生日記念!輝け!第8回
 カネに困っても手放したくないお宝自慢はーッ !?」

一同
「 (;゚д゚)ゴクリ…」

イロドリ
「ジャンジャジャ~ン ♪ ズバリ!このブログ!
【 手の折れた招き猫 】だーッ!」

2016-07-10_19.46.33.jpg

ここで直接関係ない謎写真


一同
「シーーーーーーーーーーーーーーーーーン・・・」

イロドリ
「いや、待て、これにはちゃんとした理由があるんだ」

ニルス
「予想だけじゃなく期待まで裏切っとるがな」

イーライ
「これって、最終回の典型的なパターンだよね」

謎の美少女猫
「え?何?まさかもうこのブログ最終回ってこと?」

レミー
「まあイロドリちゃんの自己満足とはいえ4年半も
 よく続いたほうじゃないの」

イロドリ
「こら勝手に終わらすんじゃない、実はだな・・・」

ラム&チー
「えー !?」

イロドリ
「まだ何も言ってねえよ」

ビジンダー
「イロドリちゃん、早くすすめないと結構な行数に
 なってるけど・・・」

ニャアコ
「心配しなくても、もう皆さんこの時点で読むの
 やめてるわよ」

イロドリ
「さすがに引っ張りすぎて、ちょっと心配になって
 きたから急いで解説するぜ。
 ここから先はボケもツッコミも禁止だぞ」

ニャアコ
「自分でやっててよく言うわね」

イロドリ
「じつはだな、このブログ ”手の折れた招き猫” 、
 約5年目にして、何と!すべての記事に nice!が
 ついたんだよ!」

謎の美少女猫
「・・・それの何がすごいの?」

イロドリ
「もう何回も書いてることだけどこのブログ、書き
 始めて50記事くらいまでは nice!が全くつかな
 かったんだよ、で、ちろる さんが初めてつけて
 くれてからやっとポツポツと僅かながら色んな人が
 見てくれるようになって、以来延べ120人の方が
 最低でも一人は見たっていう足跡を残してくれる
 ようになったんだけどな、今回、讃岐人さんが
 何カ月にも渡ってわざわざ一番最初の記事から
 遡って読んで下さって、今まで何もついてなかった
 初期の記事全部に nice!をつけて下さったことで
 第1回から現在の記事まで全部に ”読みましたよ”
 っていう証しがついたんだよ。
 もうそれが嬉しくて嬉しくて・・・」

ラム
「多分、イロドリちゃんは感動のツボが他の人と
 ちょっと違うんでしょうね」

レミー
「よ!自分大好き人間!」

イロドリ
「でもな、このブログはニャアコとの出会いから
 約5年間、本当に色んな思い出が詰まってるんだよ。
 そんで、どんなにつまらない記事にも青竹さんや
 yes_hamaさんがコメントで励ましてくれて
 2年も3年もずっ~と飽きずに見に来て下さってる
 有り難い常連さん達がいてくれて、それから
 残念ながら今は遠ざかっちゃった方とか、今も
 たまに来て下さる方とか、一見さんとか・・・
 讃岐人さんがそれを全部つなげてくれたんだよ」

ニルス
「しかし、こんな訳のわからんブログをわざわざ
 最初から読んでくれて、nice!まで入れてくれる
 って、よく考えたらスゲーな、讃岐人さん」

レミー
「いいね!」

イロドリ
「何か、この5年間それぞれの訪問して下さった方々の
 背後にいる神様みたいな存在に、ずっと見守って
 もらってたような、前回の予告編で引用した
 コンビニたそがれ堂の話の薫子さんみたいな気持ちに
 なったんだよ」

イーライ
「どんな生き方したら、そんな図々しい発想に
 辿りつけるのさ」

謎の美少女猫
「・・・あら、お母さんどこ行くの?」

ニャアコ
「トイレよ」

チー
「やっぱり年とるとオシッコが近くなるのかしら」

ビジンダー
「バカね、泣いてるとこ見られたくないのよ」

イロドリ
「フフフ、ニャアコはああ見えて、いくつになっても
 可愛いツンデレだからな」

ニルス
「いや、お母さんフツーにトイレでシッコして、
 こっちに戻ってきたぞ」

イロドリ
「フハッ」

ビジンダー
「イロドリちゃん、この記事、10日から書き始めて
 今日もう14日だけど・・・」

イロドリ
「ん~、せっかくの記念企画なのに、稀に見る
 グダグダな内容になってしまった・・・」

ニャアコ
「多分ここまで読んでる人、もういないわよ」

イロドリ
「しゃあねえな、自分でももう何書いてるのか
 分からなくなってきたんで、いつかまた改めて
 ちゃんとした感謝企画を考えるとして・・・
 これまでnice!をつけて下さった全ての皆様、
 そしてこのブログを見て下さった全ての皆様、
 本当にありがとうございます!」

一同
「ありがとうございまーす ♪」

イーライ
「またどこかでお会いしましょう」

イロドリ
「勝手に最終回にしてんじゃねえ」

謎の美少女猫
「やれやれ・・・ホント稀に見る大失敗の記事に
 なっちゃったわね」

イロドリ
「トホホ・・・面目ない」

2016-07-10_19.55.49.jpg

イロドリ&ニャアコ一家より感謝と愛を込めて・・・




次回予告&ギャラリーぴんぼけ [イロドリ写真館]

2016-05-11_18.36.39.jpg

この写真、よーく見ると真ん中やや下のところに
自転車で下校中の中学生2人が写ってるんですけど
フィルターを調整してそっちを強調すると空の色が
まったく違ってくるという残念な1枚。


2016-07-05_07.07.45.jpg


2016-06-23_19.42.46.jpg


2016-07-07_18.27.56.jpg

行きつけのカラオケ屋さんの辛口採点機で、久々に
90点が出た!
しかし加工で小さすぎて何が何だかわからない(笑)
ちなみに歌った曲は、福山アニキの「虹」
でもこの採点機って、結構いい加減ですよね~
だってまったく歌わずに、演奏流して映像見てる
だけなのに50点とか何やねんそれ(笑)


2016-07-08_19.36.10.jpg

そして今日、撮ったばかりのお気に入り (^_-)-☆

今回の「ギャラリーぴんぼけ」は、以上です。




と、いうわけで次回の「手の折れた招き猫」は・・・?


何と、1年半ぶりにあのコーナーが復活しますよ~ ♪
果たして久々のお宝自慢、どんなプライスレス&
全く羨ましくないお宝が登場するのか、ヒントは
こちら!     ↓ ↓ ↓


まさか、と思いながら、薫子は、店の奥に向かいました。
雑誌のコーナーの横、単行本や文庫本が並んでいる棚。
すると、そこにたしかに、薫子の本は並んでいたのです。
それも、もうどこにもないような昔の本や、わずかな
部数しか出なかった本、絶版になって断裁処分になった
本まであったのでした。
薫子は信じられないような思いで、自分の本の背表紙
たちを眺めました。十代の頃からこつこつと書いてきた、
数十冊の本たち。ひっそりと出版されて、さして話題に
なることもなく、いつか消えていった本たち。
それがみんな、誇らしげに本棚に並んでいるのです。
「ありがとうがざいます。はは。けっこうたくさん
 書いてきたんですね、わたし」
その一冊一冊を書いていた時代のことが、背表紙を
見るごとに、思い出されて、薫子はここに自分が
生きてきた時間が結晶して並んでいるような、そんな
気がしたのでした。
薫子は、めがねをかけ直す振りをして、指先で涙を
ぬぐいました。急に涙がこみ上げてきたのです。
その涙は哀しい涙ではなく、あたたかい、ほっとする
ような涙でした。

村山早紀「コンビニたそがれ堂」

奇跡の招待状 ” 魔法の振り子 ” より

2016-07-08_13.37.23.jpg

謎の美少女猫
「期待しちゃダメよ [黒ハート]


とうにエイプリルフールを過ぎて [イロドリ写真館]

2016-06-20_14.23.19.jpg

「手の折れた招き猫」

それは山陰地方の片田舎で暮らす、うだつの上がらない
中年男と、彼の前に突如フラリと現れた謎の黒猫
ニャアコとの日常を綴ったブログのタイトルである。
が、先日のニュースで、ヨーロッパのとある国で発見
された古い日記のような書物に、ニャアコとそっくりな
猫( ただし変身後 )の姿が描かれていた。
これは果たしてニャアコの先祖なのか、あるいは
彼女自身が常々うそぶいているように、ニャアコは
時間と空間を超越する、愛の”猫又”タイムトラベラー
なのであろうか。

・・・嘘です



2016-06-20_18.27.03.jpg

楳図かずお記念館に来てまーす ♪

・・・嘘です



2016-06-23_18.10.54.jpg

この度、某ミュージアムを借り切って
「ダレトクヒメジツアー写真展」を開催しちゃい
ましたー ♪
皆さんぜひ、見に来てくださいねー ♪ んがくく

・・・嘘です



2016-06-21_21.12.53.jpg

お・し・まい

Stay With Me ~エピローグ~ [ダレトクヒメジツアー2016]

こうして、イロドリにとって、そして今や変身ニャアコ
や ビジンダーにとっても「大切な場所」を後にし、
家路を辿る2人。

山崎、いちのみや、みなみ波賀、はが、音水湖・・・
当たり前だが来た時とは逆の順にそれぞれに別れを
告げながら車は走る。

「あらま、帰りに謎の流しそうめん処で写真撮るつもり
 だったけど、工事の人達まだ仕事してるよ。やっぱり
 リニューアルするのかな。写真はまた次回だな」

「いつも勝手に撮ってて何を図々しい事言ってんのよ」

峠を越え湖を過ぎ、道の駅「若桜」に到着

「お、さすがに今日はまだ時間が早いから道の駅も
 開いてるな。ちょっとシッコしてくるわ」

「ちゃんと手を洗いなさいよ」

「わかっとるっちゅうに」

道の駅ではスピッツの曲「みなと」が流れていたが
何とトイレの中まで聞こえるようになっていた。
スピッツにしか奏でることが出来ない、唯一無二の
メロディと、同じくボーカルの草野さんの声が
郷愁を誘い、楽しかった旅の終わりの締めくくりを
感じさせる。

「ふう、お待たせお待たせ。
 それにしてもまだ全然明るいなあ」

「本屋さんに行けなかった分、時間が浮いちゃった
 ものね」

「ん~何気に去年の帰りに撮ったベストショットを
 今回も狙ってたんだけどな」

2016-05-20_07.02.47.jpg

2016-05-20_07.01.35.jpg

これが去年の帰りに、ここ「若桜」で撮った自信作 ↑


2016-06-27_19.27.19.jpg

で、これが今回の帰り道。まだ明るい。


そして当たり前だが往路で最初の道の駅だった
「はっとう」は帰りは一番最後に。

2016-06-28_14.57.08.jpg

「あらためて帰りに写真撮る必要あるのかどうか
 わからんが一応記念に撮っとこう」

2016-06-27_19.30.42.jpg

「でも、いろいろあったけど今回の旅も
 悪くなかったわね」

「そう言ってもらえると誘ったかいがあったぜ」


眠くならない程度に圓生・円窓師弟の落語を聞きつつ
運転し(笑)鳥取に戻って日本海沿いの国道を走る
頃に、ようやく美しい夕焼けが

2016-07-01_19.40.48.jpg


「あら、どうしたの?何だかいつもと帰り道が違う
 気がするんだけど」

「ああ、いつもここから上の道(高速)乗るん
 だけど、今日はちょっとこのまま海沿いの道を
 通りたい気分なんだわ。夕日も綺麗だし」

日本海に沈む夕日を眺めながら帰路についていた
車がおもむろに道路の端に停車する。

「え?何?またオシッコ?」

「どんだけ頻尿やねん。せっかくだからちょっと
 降りて海でも眺めようぜ」

「そんな寄り道して大丈夫なの」

「寄り道と回り道だらけの迷い道クネクネな人生
 だからちょっとくらいここで寄り道しても
 構わねえよ」

「言ってる意味がよくわからないんだけど・・・」


2016-07-01_19.43.17.jpg


10年ほど前に高速が開通してから驚異的に交通が
便利になり、今やこの海沿いの「下の道」を
わざわざ通る車は、ほとんどいない。
しばらく2人で眺めていた夕日が今まさに沈みきろう
かというその時。

「ねえ、イロドリちゃん、あなた今なに考えてるか
 当ててあげましょうか」

「なんだよ藪からスティックに・・・」

「イチローが今日もヒット打ったか気になって
 仕方ないんでしょ」

「そうそう、日米最多安打はどうでもいいから
 3000本は早めに決めて・・・ってなんで
 日本海の夕日見ながらイチローのヒットの心配
 するんだよ」

「冗談よ。
 安心しなさいな。私はいついつまでも永遠に
 イロドリちゃんのアモーレでいてあげるわよ。
 たとえこの先、いつか虹の橋を渡る日が来てもね」

「長友選手と有川浩先生のファンから苦情が
 きそうな清々しいまでのパクリだな。
 でもな、先月ニャアコが風邪ひいて苦しそうに
 してるの見てからずっと気になってたんだよ。
 俺も色々あって、おちんこでた・・・じゃなくて
 おちこんでたからなあ」

「あんたその、おちんこネタほんとに好きよねえ、
 全然落ち込んでないじゃないの」
 
「安心したんだよ。やっぱり今回の旅も
 忘れられない思い出になったな」

「私もそう思うわ」

「ニャアコ・・・」

2016-07-01_19.42.00.jpg

やがて夜の帳が静かに降りて、月の光と街灯の
あかりが優しく闇に灯る・・・

そして2人を包むのはいつもの フィル・コリンズ
「One More Night」・・・ではなく(笑)今回は
ボビー・コールドウェルの「Stay With Me」

こうして束の間の現実逃避である
ダレトクヒメジツアー2016も無事に幕を閉じたので
ありました。


お・し・まい ♪


2016-05-20_14.48.59.jpg

最後まで一緒に旅して下さった皆様、ホントに
ありがとうございました~


おまけ

2016-05-19_20.01.10.jpg