So-net無料ブログ作成

変わりゆくもの、変わらないもの [ダレトクヒメジツアー2016]

「さあ、やっと我が心の故郷、姫路に到着だぜ」

「ひょっとして今回も猫カフェにいくつもり?」

「お、ニャアコちゃん妬いてんのか?可愛いねえ」

「・・・40数年間生きてきて今までそんなセリフ
 言う機会がなかったからって猫相手に何寝ぼけた
 こと言ってんのよ。痛々しいわね」

「フハッ」

「で、行くの?行かないの?」

「安心しろよアモーレ、今回はちょっと他に
 寄りたいとこがあるから行かねえよ」

「鳥肌立つからやめなさいって。気持ち悪い」


リバーシティの愛称で親しまれるイオンに車を停め
最寄りの飾磨駅から電車に乗って姫路駅へ。
駅を出てすぐの「みゆき通り商店街」を歩く。


「おかしいなあ、どの辺だったっけ・・・」

「何さがしてんの?」

「いや、去年来た時にこの、みゆき通りに招き猫
 ばっかり売ってる店があって、土産に小さいの
 買って帰って知り合いにあげたら喜んでくれた
 から今回も覗いて行こうかなと思ってな・・・
 う~ん、もう店自体がなくなっちゃったのかな
 ・・・あ、あそこかな?」


微かな記憶を頼りに、ようやくそれっぽい店を
発見し近づいて行くと・・・

「本日休業」

ガーーーーーーーン

「ちぇっ!なんだよこれ、せっかく来たのに~」

「しかし今回はことごとくツイてないわね」

「ま、こんな時もあるだろ。とりあえず城の写真
 撮って、と」

2016-05-19_13.31.00.jpg

ピンボケ「白すぎ城」・・・ならぬ「白鷺城」

2016-05-20_09.30.47.jpg

今回もまるでCGで人を消したかのようなシュールな
光景(笑)
翌日から3日間に渡って「お城祭り」が行われると
いう事で屋台の準備中です。

いつもの「ライスおかわり自由」の定食屋で
アホ程ご飯をおかわりして、ちょっと気持ち悪く
なりながら電車に乗ってイオンに戻るイロドリ。


「なんか時間的にまだ早い気がするけど、もう
 いつもの場所に行くの?」

「いや、もう1軒、行きたいとこがあるんだ
 ここに住んでた頃、毎日のように通ってた本屋
 なんだ。ここ数年は全然行ってなかったからなあ」

「あら、入り口に張り紙がしてあるわよ
 イベントかなんかで、いつかの路上詩人さんが
 来てたりして」

「んなアホな・・・いや待て、なんだこの荒んだ
 雰囲気・・・ヤな予感がする」

ゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・

2016-06-26_19.39.08.jpg

「おい、ちょっと待てよなんだよコレ・・・」


駐車場周辺の人や車の少なさで、ひょっとして
ここも定休日かよ !? と思ったらまさかの店じまい。
姫路の地を離れてすでに17年近くが経っていて、
たまに帰ってくるたびに、いろんな場所が
少しずつ様変わりしてて、それもあるいは仕方ない
と思ってはいたけど、ここの本屋がなくなるのは
ショックだ。
足繁く通った思い出が走馬灯のように過ぎてゆく。


「でも書店事業の再構築でしばらく休業するだけ
 って書いてるんじゃないの?」

「ここ10年くらい、スゲー勢いで本屋がバンバン
 閉店していってるんだよ。たとえ改装して新しく
 なっても、前みたいな店の雰囲気にはならない
 だろうな。あ~ショック」

「なんだかとんだ センチメンタルジャーニーに
 なっちゃったわね」

「これはさすがにこたえるな・・・
 中途半端な時間だけど、いつもの場所に行って
 帰ろうか」


こうして2人が向かった先は・・・

2016-06-27_19.16.50.jpg


「秋だとこの時間でももう日が暮れ始めるのに
 今の時期はまだまだ明るいな」

「時間の感覚が全くわからないわね」

2016-06-27_19.15.01.jpg

「ここの慰霊碑、ニャアコとダレトクツアーで来る
 までは供えてた花が枯れてるままになってたり
 花を立てる筒が下に転がってたりしてたんだけど
 ここ数年はいつ来ても綺麗な花が供えてあるんだ
 よな」


40数年前、この河の激しい流れに浚われた子供を救助
すべく出動し、殉職された2名の消防隊員。
その内の一人は私の友人のお父さん。
幼い2人の娘と妻のお腹の中にまだ見ぬ三女を残しての
殉職だった。

それから20年後にイロドリはこの場所で、人はたとえ
肉体はなくなっても、愛するものを思う心は決して
滅びないというのを不思議な現象を通して体験し、
自分自身が生かされている意味を教えられた気がして、
姫路の地を離れてもその気持ちを忘れないために、
年に1回か2回はここを訪れるのだ。


「アカの他人が手ぶらで来て言うのもなんだけど、
 殉職されたお2人の消防隊員さんも、これからも
 ずっと変わらず、この河を見守って下さるん
 でしょうね」

「お孫さんもそれぞれ成長して、きっと
 おじいちゃんの志を受け継いで立派な大人に
 なってくれると思うぜ。
 さ、ニャアコ、帰ろうか」

2016-06-27_19.13.47.jpg



2年ぶりの記事ということで、予想外に長くなって
しまった割には相変わらず内容の薄い(笑)今回の
ダレトクヒメジツアー。次回エピローグでやっと
おしまいです。タイトルの如く、読んでも何の得にも
ならない旅ですが、せっかくですんで最後まで
お付き合いいただければ幸いでございます。


同じ場所、同じ写真 [ダレトクヒメジツアー2016]

さて、姫路を目指しグダグダな旅路を行くイロドリと
変身ニャアコが立ち寄った次なる場所は?

2016-06-23_16.26.14.jpg

音水湖 ( おんずいこ )  


「さすがに晴れの日は何かイイ感じだなあ
 森とんかつ~♪泉にんにく~♪か~こんにゃく
 まれてんぷら♪ なんてな」

2016-05-20_13.51.01.jpg

「えらくご機嫌のところちょっとアレだけど
 1つ聞いていいかしら?」

「なんだよ」

「この旅って年2回、毎回おんんんなじ道通って
 おんんんなじトコで写真撮って、おんんんなじ
 コト言ってるわよねえ」

「それがどうしたんだよ」

「楽しいの?」

「楽しいからやってんじゃないか当たり前だろ」

「ふーん」

「実を言うとこのルートって神戸の実家に行き来する
 時に子供達や妹を乗っけて通る事があるんだよ。
 で、それはそれで楽しかったり、いい思い出に
 なってたりするんだけど、ニャアコやビジンダーと
 行くこの年2回のヒメジツアーは俺にとって特別な
 時間なんだよ。
 同じ道の同じ景色も俺にとっちゃ大切な宝物なのさ」

「あらあら、そんな旅にご同行させていただいて
 光栄なこと」

「流しそうめんのトコで撮れなかったからここで1枚
 撮っとこうぜ。
 森とんかつ~♪・・・」

「歌わなくていいわよ」

「ハイ、チーズ」

2016-06-23_16.27.26.jpg

「毎回撮ってる割には腕が全く上達してないって
 どういうことなのよ」

2016-06-23_16.24.38.jpg


吸い込まれそうな美しさの音水湖を後にし、次に
向かった先は・・・

2016-06-24_10.54.54.jpg

道の駅「はが」
鳥取と姫路のちょうど中間地点になります。
その中間地点を記した石の標識を撮ろうと思ったら
客の車が邪魔で撮りにくくて敢無く断念。


「くそ、今回こんなんばっかりだな」

「ちゃんと無事に着けるのかしら」


2016-06-24_10.55.35.jpg

いまいちパッとしない道中の、せめてもの救いは
この、いいお天気。
ちっちゃいことは気にするな、それワカチコワカチコ
と言ってくれてるようです( 言ってねーよ )


どんどん先を急いで次なる道の駅「みなみ波賀」

2016-06-24_10.56.14.jpg

2016-06-24_10.56.48.jpg

2016-05-20_10.16.39.jpg

いいお天気だけど暑くもなく、本当に最高の
ドライブ日和。
道の駅で売ってた美味しそうなトロロや焼きたての
パンに後ろ髪ひかれつつ、出発。

南波賀を過ぎてしばらくすると、次第に街並みが
増えてきて、次の「いちのみや」に着く頃には
すっかり周りの雰囲気が町なかモードに。

2016-06-24_10.57.25.jpg

2016-06-24_10.58.02.jpg

この、道の駅の道路を挟んだ向かいにある神社にも
行きたかったけど、催し物をやってたのか駐車場が
混雑してて人も多かったので今回は諦めて、先を
急ぐ。


2016-05-22_07.21.25.jpg

今はなき道の駅「山崎」の面影を偲びつつ
記事もだいぶん急ぎ足で姫路に到着~♬

IMG_20141113_133547.jpg

これは2年前の写真の使いまわし(笑)


(つ・づ・く)

グダグダ道中記2016 [ダレトクヒメジツアー2016]

いきなり予想外の足止めを喰らってしまった最初の
道の駅「はっとう」を出発する2人。
別に道の駅で何か買い物をするわけでもなく、
毎回同じような写真を撮ってるだけの2人旅。
イロドリとニャアコが向かった次なる目的地は・・・

2016-06-13_09.13.48.jpg

道の駅「若桜」


「ここって確か、あの鬼の親子がベンチに座ってた
 とこよね」

「そうそう、まだいるかなあ」

「あれ !?」



2016-06-13_09.14.49.jpg


「・・・」

「・・・」

「いや、まあなんちゅうかこの、クオリティ云々の
 問題じゃなくて、居ると思ってた面子がガラッと
 変わってるとやっぱりちょっとショックだな」

「残念というか・・・なんだか寂しいわね」


ちなみに2人が今年も会えると思っていた「鬼の親子」
というのはこちら ↓

2014-11-15_09.18.40.jpg

(2年前の秋のダレトクヒメジツアーの写真より)


「残念だけどしゃあねえな、この2人はこの2人で
 よく見りゃ愛嬌あるからきっと皆から可愛がって
 もらえてるんだろう。さ、行こうか」

「あら、今回はオシッコ行っとかなくていいの?」

「ショックで出なくなっちゃったよ」

「フハッ」


こうして新しい鬼たちの末永い活躍を祈りつつ
道の駅「若桜」を後にする2人。

次なる道の駅「はが」までは、かなり距離があり
峠と湖を越えて行かなければいけません。
しばらく続く美しい風景をどうぞ。

2016-06-13_09.16.41.jpg

2016-06-13_10.08.56.jpg

2016-06-13_09.15.56.jpg

2016-06-19_12.51.40.jpg

2016-06-19_12.52.40.jpg

2016-06-19_12.55.58.jpg

毎回、使いまわしだったトンネル入り口の写真を
撮り下ろし・・・

2016-06-19_13.03.24.jpg

トンネルを抜けると・・・


2016-06-19_12.53.50.jpg

2016-06-19_12.54.30.jpg

2016-06-19_12.55.03.jpg

峠のトンネルを抜けてすぐの此処 ↑ 2年前の秋に通った
時は、黄金色に輝く晩秋の風に靡いてたススキが凄く
美しくて、異世界の入り口みたいな不思議な景色で
思わずヒロミ・ゴーばりに誘われてフラフラ ♪
だったけど、今のこの時期はさすがに「普通の道」
でした。
そしてさらに進むと・・・

「お、そろそろいつもの流しそうめん処だぞ」

「営業中の看板出てるのに、やってるところ
 みたことないわよねえ」

「まあ今回もとりあえず写真だけ撮らせてもらおうぜ」

「あら?なんか車がいっぱい停まってるけど」

2016-06-23_16.23.27.jpg

「アイヤ~改装中アルカ !?」

「どこの人なのよ」

「しゃあねえな、帰りに寄れたら寄ってみるか」

「先が思いやられるわね・・・」




(つ・づ・く)






さあ出発だ、いま陽が昇る [ダレトクヒメジツアー2016]

2016-06-11_10.28.02.jpg

出発当日・朝

「おお、なんて美しい朝焼けだ」

「ふぁ~ぁ・・・今、何時?」

「午前5時すぎ」

「え!? もうこんなに明るいの?
 いい天気になりそうね」

「春も終わって、ちょっとずつ夏に近づいてくって
 感じだなあ。よし、
 さあ、出発だ ♪ いま、陽が昇る ♬
 行こう、アメディオ!」

「誰がアメディオやねん。
 なんでお猿さんになってんのよ、失礼ね」


10分後・・・


「行こう、アメディオ!・・・は、いいけど、ここ
 あなたの仕事先の病院じゃないの」

「フフフ・・・仕事先っていうとまるでドクターか
 看護師みたいに聞こえるけど、実は単なる病院の
 掃除のオッサンやねんけどな。
 ちょっと一時間だけ働いてくるから車の中で
 待っといてくれよ」


一時間後・・・


「いや~お待たせお待たせ
 今度こそホントの出発やで!ア・・」

「アメディオって言ったら引っ掻くわよ」


そんなこんなでようやく1年ぶりの、記事としては
2年ぶりのダレトクヒメジツアーに出発したイロドリと
ニャアコであった。


「しっかしいい天気だなあ
 出勤ラッシュの渋滞にも巻き込まれずに
 日本海を眺めながら快適なドライブなんて
 ちょっとした贅沢だな」

「そしてBGMが圓生師匠の落語という、この
 何とも言えないシュールさ・・・
 なんでビジンダーの時みたいに80年代の洋楽とか
 流さないのよ」

20160619_090006.jpg

「ガハハハハなんかすっかり
 企画的に ”ニャアコ=落語” ってイメージに
 なっちまったな。
(ちなみに記事にならなかった去年のBGMは中島みゆき)
 今回は弟子の圓窓師匠も借りてきたんだけど、
 なんと、師匠と弟子が同じ演目を演じてるんだよ。
 同じ噺でもそれぞれの味があって、さすがは名人
 って感じだな」

20160619_090036.jpg

「私にとっちゃ文字通り ”猫に小判” だけどね」


朝日に煌めく日本海を臨みつつ、圓生・圓窓師弟の
落語を聞き比べながら車は走り、ダレトクツアーの
最初の道の駅「はっとう」へ

「・・・中途半端に人が多くて、どうも写真が
 撮りにくい雰囲気だな」

「ただでさえ不審者みたいなビジュアルなのに
 今ここで私の写真撮ったりしたらイロドリちゃん
 完全に変質者確定みたいになっちゃうわね」


いつもはこの「道の駅」の駐車場のすぐ上にある公園で
写真を撮るのだが、この日はなんと先生に引率された
女子中学生が数人、公園と道の駅のゴミ拾いの
奉仕作業に来ていた。
さすがに気まずいのとゴミ拾いが終わるまでの
時間稼ぎで、駐車場内で車の場所を変えていくの
だが、タイミング悪く移動する先々でイロドリの車の
周りのゴミを拾いに来る学生たち(笑)

奉仕作業の一行が道の駅を去った時には、結構な
時間が過ぎていた。
で、仕方がないのでとりあえず一枚

2016-06-12_16.52.25.jpg

「しゃあねえな、帰りにもう一回寄るか」

「なんだか、先が思いやられるわね」


(つ・づ・く)


初夏のダレトクヒメジツアー2016 [ダレトクヒメジツアー2016]

2016-03-24_20.36.07.jpg

5月下旬@イロドリ家

「おーい、ニャアコー、ニャアコやー」

「後ろにいるわよ」

2016-06-11_17.35.45.jpg

「おっと失礼失礼・・・って、なんちゅう恰好を
 しとるねん」

「身だしなみよ。女はね、いくつになっても綺麗で
 いなきゃいけないから大変なのよ」

「フフフ、俺の為にいつも綺麗でいようと心掛けて
 くれるなんて感心感心」

「冗談は顔だけにしてアナタもちょっとは見た目を
 気にした方がいいんじゃないの?
 白髪のハゲチャビンなんて舛添が来たのかと
 思ったじゃないの」

「そうそう、ちょうど俺もヤフオクの IDを
 ymasuzoeにしようと思ってたとこなんだよ
 ・・・ってアホか」

「で、何?用事?」

「ああ、何とかやっと日にちが取れそうなんで
 行ける時に姫路に行こうと思ってな。
 一緒に行くか?」

「行かないわよ」

「・・・だよなあ、病み上がりだし、しゃあねえな
 ビジンダー誘うか・・・おーい、ビジ・・・」

「ちょっとちょっとちょっとちょっとちょっと」

「なんだよ」

「何それ、1回行かないって言っただけで、ハイ
 そうですかって引き下がるわけ?」

「しょうがねえじゃねえか、ニャアコだって
 病み上がりで身体キツいだろ」

「ふーん、あ、そ。ハイハイどうぞどうぞ
 ビジンダーと楽しく行って来たらいいじゃない」

「なんだよ、来てくれるんなら最初から素直に
 言えよガハハハハ」

「フン、全く・・・これだから女心のわからない
 非リア充は扱いに困るわ。
 ・・・せーの
 アラビアラビケセラゴマナムジイチジネジレミギ
 う~~~~ニャ~~~~~~~~~~~~!」

2016-05-16_08.53.56.jpg

ニャアコが呪文を唱えると・・・

PhotoLab_app_Pointillism_Drawing.jpg

あら不思議・・・

PhotoLab_app_Pointillism_Drawing_0001.jpg

ズキューーーーーーーーーーーーーン [黒ハート]

2016-06-12_18.12.36.jpg

「ジャ~~~~~~~~~~ン、お待たせ [黒ハート]

「う~ん、何か凝ってんのか手抜きなのかわからん
 変身シーンだな。
 あ、それと毎回のお約束だけど一応突ツッ込んどくと
 せっかく変身したけど出発は明日だからな」


(つ・づ・く)


ギャラリーぴんぼけ&次回予告 [イロドリ写真館]

前回までの、長いうえに第三者には面白くもなんともない
思い出話にお付き合い下さった皆様、本当にありがとう
ございました (;^ω^)

で、次回からまたまた長編に入るのですが(笑)

その前に

2016-06-08_11.11.01.jpg

美しい花を見て箸休めでも・・・

2016-06-08_11.12.25.jpg

職場の近くのお家の前に咲いてるんですが、あまりに
綺麗なんで撮っちゃいました。

2016-06-08_11.11.56.jpg

これ↑、なんかエヴァンゲリオンっぽくないですか?

2016-06-08_11.11.24.jpg

しかしやっぱりアレですねえ
どんなに、おちんこでても・・・
じゃなくて、おちこんでても
綺麗なものを見て感動する心の余裕と、さらに
それを誰かに伝えたいって気持ちは、何とか
持ち続けていたいなあと思いますね。

ただ、惜しむらくは写真が致命的に下手というね。


さあ、美しい花を見て気持ちを切り替えて
次回から新たにお送りする長編は・・・

2016-05-19_18.31.46.jpg

ジャ~~~~~~~~~~~~~~~~~~ン ♪


ずっと~ずっと~愛している
輝く翼で包んで
与えられた命、あなたのため~
いつか~いつか~燃え尽きて
宇宙の塵に還るまで
離れないわ、愛のタイムトラヴェ~~~~ル ♪

イロドリとニャアコの愛のテーマソング(笑)
麗美ちゃんの名曲「タイムトラベラー」にのって
「ダレトクヒメジツアー」が2年ぶりに復活ですよ~
期待しないで待っててね~


ニャアコ
「JASRACさん、コイツです」


美しい思い出を糧に ( エピローグ )  [美しい思い出を糧に]

こうして、甥っ子一家との僅か1日半の再会は終わり、
あれから2か月が過ぎた。

2016-06-04_21.54.27.jpg

幸せな時間・・・
日常のささやかな幸せより、ちょっとだけ贅沢な
それはご褒美のような幸せな時間だった。

去年の秋から今年の春までの年度末の過酷な路程を
途中で投げ出すことなく頑張って、これ以上ない
というくらいの劇的な形で締めくくり、文字通り
ご褒美としてこの4年半ぶりの再会を楽しんで、
この4月からは希望に満ちた新年度を送るはずだった。

が、

やっぱり甘かった。

基本的に、楽しいことがあれば、いつもその直後
から当てつけのようにその何倍もの嫌なことが
起きるというのがお約束なので、今回も覚悟はして
いたのだが、もう「嫌なこと」とかいうレベルでは
ない、これから先どうやって生活していくねん!と
途方に暮れてしまうような(主に金銭的な)大問題が
この再会の数日後から勃発するのである。

以前に書いた通り、もともとはこの再会の記事は
年度末奮闘記の大長編のエピローグとして最後の
フィナーレを飾るべく、どうやって書こうかと
いろいろと構想を練っていたのに、あの頑張りも
奇跡的な大逆転の結末も、甥っ子たちとの
夢のような時間も、何もかも全部が無駄になった
ような気がして、もうこれまでの出来事はすべて
「なかったことにしよう(笑)」としていたくらい
心が折れてしまった。


今現在も、今月、来月、再来月・・・これから先
どうやって乗り切っていくのかという不安と絶望が
あって、書いてる文章もおかしいけど(笑)、まあ
今日もこうして生きてる以上は底辺を這いずってでも
何とかしていかなければいけないのだろうし、この
数か月間、非力なりに頑張ってきた内容は、ひょっと
したらどこか別の場所で実を結ぶかもしれないし、
せめて、楽しかった甥っ子一家との短い夢のような
時間だけでも書き残し、再出発のきっかけにしようと
いう意味を込めて「美しい思い出を糧に」という
タイトルで無理やり記事にしてしまった。

あらためて自分で読み返してみて、あまりにドイヒー
な支離滅裂な自己満ぶりに、謎の美少女猫でなくても
「こんなもん、誰が読むねん」と呆れてしまうが
それでもわざわざコメントまでくださったyes_hama
さんをはじめ、お付き合い下さった心優しい奇特な
皆様、本当にありがとうございました~(;^ω^)

2016-05-07_21.49.18.jpg

マツケン
やれやれ・・・
まったく世話のやけるハゲチャビンだぜ・・・

美しい思い出を糧に (後編)  [美しい思い出を糧に]

2016-04-05_05.45.59.jpg

2日目の朝がきた

まだ日が昇りきらぬうちに旅館を抜け出し、一旦
家に帰ってニャアコ達の食事の準備をし、その後
職場に寄って、この日の出勤メンバーの人員配置を
確認して朝食に間に合うように旅館へ戻る。
地元だから成せる業だ。

前日の夕餉も豪華だったが、朝食のバイキングも
凄かった。

2016-06-01_19.17.26.jpg

錦織選手も大好きという高級魚「のどぐろ」登場

もう昼飯いらんやろ、というぐらい質も量も堪能し
忘れられない思い出と共にチェックアウトした一行が
向かった先は・・・

2016-06-01_19.19.35.jpg

やっぱりここですな (^^♪

この写真では何故か曇っておりますが、実際は見事な
晴天!前日が小雨模様だったので心配してたけど
晴れてくれて良かったー

2016-06-01_19.18.44.jpg

我が家の行事として家族で「貧者のディズニーランド」
水木ロードを訪れるのは基本、秋なのだが、桜の
咲き誇る快晴の春の水木ロードもまた格別な雰囲気。

2016-06-01_19.21.18.jpg

2016-06-01_19.20.23.jpg

だが・・・

しかし・・・

残念なことに・・・

こちらが期待したほど甥っ子一家は喜んでるように
見えなかった(笑)

しかも去年の秋に来た時は平日だったにも関わらず
鬼太郎・ねずみ男・砂かけばばあ・そして
サラリーマン山田(笑)と出勤してる妖怪4人
全員に出会えたのに、今回は春休みで結構沢山の
観光客が訪れてたのに誰1人として妖怪を目撃
出来なかったという・・・

2016-06-01_19.22.16.jpg

まあ、でも「いつものここ」 ↑ で いつものように
スマートボールを 1人分の料金で子供4人が10発の
玉を交代で打って仲良く残念賞の「うまい棒」を
人数分もらったり、甥っ子が射的に挑戦して見事
キャラメルを打ち落としたり、商店街をブラブラ
しながら皆でソフトクリームを食べたり、試食
しながらバームクーヘンや妖怪饅頭なんかのお土産
を選んだりで、それなりに時間が過ぎていった。

2016-06-01_20.38.40.jpg

残念ながら「大成功」とはいかなかった今回の
水木ロードツアーだったが、この、春の麗らかな
1日の景色はずっと忘れられない思い出になった。

2016-06-01_20.39.12.jpg


夕方、帰ってきてチェックインした宿は旅館ではなく
市の宿泊施設みたいな感じの所で、食事が出ない
代わりに部屋にキッチンがあって自分たちで料理が
出来るようになっていた。

妻と義姉が料理を作り、皆で準備する夕餉。
翌日は長女と息子が始業式、私が仕事で、朝には
もうお別れである。
楽しい食事の満足感、そして明日にはそれぞれの
「日常」へと戻らなければならない別れの寂しさに
包まれながら夜は更けてゆき、そして別れの朝が
来た。


4年半ぶりの再会。実質的には一緒にいたのはわずか
1日半ほどの短い時間だったが、本当に幸せな
ひと時だった。


※ 次回エピローグで完結です (=^・^=)


2016-05-07_22.55.55.jpg

謎の美少女猫
「ねえ、イロドリちゃん・・・これって本人以外に
 読んでる人なんているの?」