So-net無料ブログ作成
検索選択

ネタばれ注意「コンビニたそがれ堂」 [オススメ]

ただ、一つ、言えることがある。
見えなくなっても、会えなくなっても、きっと、
「どこか」には、みんな、ちゃんといるっていうことさ。
消えてしまうわけじゃない。誰の魂も、どんな想いもね。

          コンビニたそがれ堂「あんず」より



実は今回、避妊手術後の抜糸の日にチーが脱走した時の
話を書こうと思ってたんですけど、今日、家から歩いて
5分もかからない場所に、ローソンが新しくオープン
しまして、その記念に以前ちょっとだけ紹介しかけてた
村山早紀さんの小説「コンビニたそがれ堂」をあらためて
紹介したいと思います。(ほとんどこじつけ・・・w)

風早(かぜはや)の街の駅前商店街のはずれ、赤い鳥居が
並んでいるあたりに、夕暮れになると現れる不思議な
コンビニたそがれ堂。
大事な探しものがある人は、必ずここで見つけられる
という。

このコンビニの店員さんは、長身・銀髪、そして
金色の瞳を持ち、爽やかで愛想が良くて飄々としながらも
時折ふと妖しい雰囲気を醸し出すイケメン。
果たしてその正体は、なんと・・・神様!

といっても風格や威厳ある神様とはちょっと違う、
いかにも日本特有の「八百万(やおよろず)の神」
って感じで、その昔、風早の地でその美しい姿ゆえに
村人たちに勝手に神様として崇められ、そんな村人
たちを幸せにしたい、と願って京都の伏見で修行を
積み、晴れて「風早三郎」という名の神様となった
「狐」なのです。

この物語、現在5巻まで続いており、1話完結の
ストーリーがそれぞれ4~5話くらい収録されてて
どこから読んでも楽しめます。
主人公はこのイケメン神様・・・と言いたいとこ
なんですが、実際は各話に登場する風早の街の住人が
さまざまな「大事なものを見つける」話の狂言回し
(?) 的な役割になってます。
手塚先生の「ブラックジャック」とか、楳図先生の
「おろち」みたいなもんでしょうか。

内容的には、やはり、風早の住人たちが
「大切な人・もの、を失ってから立ち直るまで」
みたいな話が多いような気がしました。
かといって、最近よく見かける若手俳優や女優の
ドラマや映画にありがちな、恋人の死を乗り越えて
新しい相手と再出発しま~す、みたいな薄っぺらい
カスみたいな物語ではなくて、大切な人がこの世から
いなくなっても、きっと思いや心は一緒にいてくれる
と信じてその喪失感を乗り越えて成長してゆこうと
する姿が描かれてます。

この記事の冒頭の、風早三郎のセリフはまさに
「見えんけど、おる」
水木しげるワールドに共通するものがあって、また
既に5~6年続いてる人気作にも関わらず、今まで全く
その存在を知らず、奇しくも水木先生が、あっちの世界へ
行ってしまわれてからすぐに出会った物語ということも
あって、私にとっても大切なシリーズになりそうです。

ホントはもっと詳しく書きたいんですが、今後この
ブログで登場する機会もちょくちょくあるので、今回は
この辺で。







またまた「ギャラリーぴんぼけ」 [イロドリ写真館]

いや~、もう毎日大変!

いつも見に来て下さる皆様が心の支えです。

そんな心の友に感謝を込めて

ジャイアン夢のリサイタル・・・

じゃなくて、「ギャラリーぴんぼけ」をどうぞ!

2016-02-25_10.57.13.jpg

2016-02-25_10.56.32.jpg

2016-02-25_10.56.07.jpg

2016-02-23_14.37.49.jpg

2016-02-25_13.19.25.jpg

夜中に書いたラブレター [猫]

最初に・・・
紛らわしいタイトルをつけてますが、恋愛モノとは
全く無関係なつまらない話が延々と続きます。
タイトルを見てソッチ系の話を期待した方は、猛烈に
時間の無駄になりますんで、今の内ここでUターンして
くださーい (^^♪


IMG_20151028_195322.jpg

では、あらためまして。

前回の記事で書いた、おはぎ4姉弟・チーの避妊手術
別格として、この2月にはイロドリにとって譲れない戦いが
控えていた。

バレンタインか?

否、この40半ばの禿げた小汚いおっさんに、チョコレート
を贈ってくれる物好きなど存在しない。

NFLのスーパーボウルか?

否、確かに2001年からニワカNFLファンとして、毎年
スーパーボウルは楽しみにしており、今年は特に50回目の
記念大会であり、応援しているカロライナ・パンサーズが
「13年ぶりに初優勝を賭けて2度目の挑戦!」だったので
非常に期待していたが、それよりももっと個人的で、低い
次元の「譲れない戦い」が待ち受けていたのだ。
※ちなみにスーパーボウルの結果はパンサーズの負けw

果たしてそれは・・・

2016-02-21_12.28.04.jpg

雑誌「猫びより」3月号
猫へのラブレターコンテストの結果発表である!

この「猫びより」という雑誌は毎年2月22日の猫の日に
ちなんで、「猫への○○」という企画を開催しており、
私、イロドリは3年前の「猫への表彰状」コンテストで
「猫びより賞」なる賞を頂いていた (商品は図書カード)

で、2年前は確か猫の写真コンテストでデジカメで撮った
サエない写真をダメもとで投稿したけど全くカスリもせず、
昨年はちょうど締め切り間際に精神的に辛いことがあって
投稿出来ず終い・・・そして3年ぶりの今回、題目は
「猫へのラブレター」
これはいける!満を持しての挑戦だ。

締め切りは昨年の11月30日、原則として400字まで
ということだった。私のニャアコへの想いは、到底
400字では収まり切れないのだが( アホか )、それでも
何とか割愛に割愛して400字詰めの原稿用紙に纏めた。

知恵と愛情の全てを注いで書き上げた「それ」は、
およそここでは紹介出来ないような赤面ものの、まさに
「夜中に書いたラブレター」そのものだったが、結構
自分では気に入ってて、今回は「猫びより賞」より上の
主要5部門を狙える自信もあった。

主要5部門とは、雑誌「猫びより」のスポンサー5社の
それぞれの名前を冠した賞で、各1名づつしか受賞する
ことが出来ず、副賞もスポンサーが提供してるので
豪華である。
私が3年前に頂いた「猫びより賞」も一応、賞には
違いないのだが、若干名(この時は8名) に与えられる
という事と、副賞が500円分の図書カードという事で
どうしても1ランク下の佳作というイメージになって
しまうのだ。

初挑戦の前回はそれでも嬉しかったが、今回は違う。
入賞以外は眼中になかった。そして自信もあった。
そういうわけで、締め切りギリギリに投稿してから
発表のある3月号が発売される今年の2月12日までの
2か月半、本当にもう緊張と楽しみの何とも言えない
毎日が続いた。

おっさん、他に楽しみ無いんか?

と、思われるかもしれないが、はっきり言おう
これ以外に楽しみは無かった。

2月に入ると期待と興奮はピークに達し、遂に発売日の
2月12日を迎えた。
・・・が、ウチの地方は田舎で、月刊誌などは到着が
遅れ、本屋の店頭に雑誌が並ぶのは発売日から1~2日
経ってからなのだ。
翌2月13日、土曜日だったが遅くまで残業しないと
いけなかったので本屋の閉店時間に間に合わなかった
時の為に昼休憩中に本屋へ向かった。
もう、午前中は仕事が手につかないほどのドキドキ
ぶりである。

今宵は入選(休戦)して祝杯をあげる~♪ HEY!

と、年甲斐もなくセカオワの「DORAGON NIGHT」の
替え歌を口ずさみながら車で道中を急ぐイロドリ。
そうなのだ、昨年、締め切りギリギリに応募してからの
この約2か月半、いろいろあった。
水木ロードの記事を書き上げた直後に水木先生が
あっちの世界に行かれ、年が明けてからは高熱で運転
していて自損の自爆事故・・・他にも殆ど辛い事ばかり
だったが、全てはこの「猫へのラブレターコンテスト」
で入選し、ニャアコと喜びを分かち合うための試練に
違いない。はずだ。

この日のヤホーの星占い、我が蟹座は11位と微妙すぎる
順位だったが、書かれている内容は

何かと物事が好調に進む、幸せな一日になりそう。

とのこと。・・・お~完璧やんけ~。
自信を確信に変え、本屋に入り、ペット関連のコーナーへ
問題は一日遅れで今日、発売されてるかどうかだ。

あった!「猫びより3月号」

手に取る。そして発表のあるページを目次で確認し
ページをめくる。

まずは、動物用医薬品を製造・販売している
ゾエティスさんの「ゾエティス賞」!

・・・私ではなかった。

続いて、画家・久下孝史さんのイラストがデザイン
されているブランド、マンハッタナーズさんの
「マンハッタナーズ賞」!

・・・これも違う人だった。

さらに続いて、いなばペットフードさんの
「いなばペットフード賞」!

・・・違う、これも違う人が受賞していた。

その隣のページは、様々な作家の猫商品を扱う
ギャラリー、ゆめ猫 さんの
「ゆめ猫賞」!

・・・ゲーッこれも違った。

主要5部門のうち、あっという間に4部門までが
消えた。
本屋に到着するまでの確信が音を立てて崩れてゆく。
いや、待て、次のページの最後の「ドギーマン賞」は
絶対に私の、ニャアコへの一筆入魂のラブレターが
掲載されてるはずだ。最後の最後に用意された劇的な
結末を信じてページをめくる・・・
頼む~「ドギーマン賞1名・イロドリウサギ様」来い!

せーの、ペラ・・・

「猫びより賞・若干名・イロドリウサギ様」

え?

「猫びより賞・若干名・イロドリウサギ様」

え?

猫びより賞・・・猫びより賞・・・猫びより賞・・・?

何だコレ?

ページを開いた瞬間、右のページの「ドギーマン賞」
よりも先に左のページの、その他5名の方々と共に
小さくあてがわれた「猫びより賞」の枠に、私の
ニャアコへのラブレターが掲載されているのが見えた。

違う、コレじゃない・・・

3年前も本屋で確認し、同じ「猫びより賞」を受賞して
いるのを見た時は嬉しくて、そのままレジに直行した。
そしてレジの店員さんにそのページを見せて
「コレね、私なんですよ~」と教えたくなるぐらいの
感動だった(もちろんそんなマジキチな事はしませんが)
が、今回はあまりの脱力感で、本をそのまま元の場所に
丁重に戻して本屋を出て、そして仕事に戻った。

午前は期待で仕事が手につかず、
午後は失意で仕事が手につかない(笑)
そんな一日だったが、残業を終え家路につく頃には
不思議と悔しさは薄れていた。
とはいえさすがに虚しい気持ちだった。

遅い晩飯をとって寝るために部屋に入ると、ニャアコが
ついてきた。我が家に来て4年が経ち、今は外への脱走
よりも、喧騒を避けて落ち着いて眠ることを楽しみに
しているようだ。


ニャアコ、すまんなぁ・・・入選ちゃうかったわ。
また「猫びより賞」やった。

上等なキャットフードなどの副賞がもらえたら
ニャアコも喜んでくれるだろうと思っていたのだが
今回もそれは叶わなかった。
午後からだいぶん気持ちは持ち直したとはいえ
思わず無念さが顔に出たイロドリを見て
ニャアコは言った。

ふあ~ぁ・・・それは残念だったわねぇ、イロドリちゃん。
でもねぇ、これこそイロドリちゃんがいつも言ってる
「身分相応の幸福」ってやつじゃないの?
その「猫びより賞」っていうのも応募した人全員が
もらえるわけじゃないんでしょ?
他の人達の代表で頂けたのかもしれないんだから
贅沢言ってるとバチが当たるわよ。
目標を高く持つのはいいけど、いつまでも結果に
執着してると何が幸せかわからなくなっちゃうわよ。

猫に幸福論を説かれる40過ぎのおっさん。
ジェダイとして覚醒する前のルーク・スカイウォーカーを
嗜めるヨーダの如きニャアコ。

さ、ご飯も食べたし水も飲んだし、トイレも済ましたし、
もう寝るわよイロドリちゃん。

そう言うとニャアコは布団の中で丸くなって眠り始めた。

そうだった。決して他の人に比べて愛情に満ちた文章とは
言えなかったかもしれないのに、今回も賞に選んで頂けた
というのは本当に有り難いことだった。
落胆するなんてただの自己満もいいところだった。

布団の中で丸くなって眠るニャアコの背中を撫でる。

ゴロゴロ、グルグル・・・

いつも即反応してくれるニャアコだが、今回は

「わかればいいのよ、わかれば。ね。」

と、言ってくれていた。

グルグルグルと応えてくれるニャアコの背中を更に
愛おしく撫でながら、言葉に出来ない幸福感に包まれる。
そうか、これがヤホーの星占いで言っていた
「幸せな一日になる」
って意味だったんだな。

こうして、興奮も落胆も最終的には感謝で締めくくり
イロドリの「幸せな一日」は幕を閉じたのであった。










祝・4歳!おはぎ4姉弟 [記念日]

2016-02-16_07.02.11.jpg

いつも当ブログを訪れて下さる皆様、
おかげさまで本日、おはぎ4姉弟こと
ラム、ビジンダー、チー、イーライの4匹は
めでたく4歳の誕生日を迎えることが出来ました (^^♪

全員元気に、と言いたいとこなんですが・・・

2016-02-17_09.22.38.jpg

実はチーが4歳目前にしてようやく避妊手術を終え、明日
2月18日に抜糸になります。

いろいろと事情があって4歳まで手術を受けさせて
あげれなくて申し訳なく思っておりました。

ニャアコの子供の中で一番、病院のお世話になる事が多く、
一番心配もさせられましたが、避妊手術も無事終わり、
本人もいたって元気なので安心しております。

本当は4人揃って記念写真を撮りたかったのですが
写真嫌いのニャアコに似て、絶対に写ろうとしません。
ひょっとして反抗期なんでしょうかね(笑)

写真がなかなか撮れないという事と、日々の生活が
年々大変になっていってる(笑)という事も重なって
猫たちの登場が最近めっきり減ってしまいましたが、
また初期の頃のように、ニルス・レミーの双子も含めた
子供たちの記事も書きたいなあと思ってます。

と、いうわけで皆様にも沢山の幸せと喜びが訪れますように
ニャアコ一家より愛を込めて [黒ハート]









君は人のために死ねるか [はたらく おっさん]

「君は人のために死ねるか」

う~む、実に崇高な言葉だ・・・

あ、別にこれは私が皆様に尋ねているのではないですよ。
(それ尋ねてどうすんだよw)
ご存知の方も多いとは思いますが実はコレ、杉サマこと
杉 良太郎さんがかつて主演していた刑事ドラマ
「大捜査線」の主題歌 (エンディング) なのですね~。

私は子供の頃、このドラマを2~3回ほど
リアルタイムで見たことがあるんですけど、 
ドラマの内容はもとより、「大捜査線」という
ドラマのタイトルすらほとんど忘れてしまってた
にもかかわらず、この曲の歌詞(の一部)だけは
30数年経った現在でも強烈に覚えていて、妻と
些細な事で喧嘩した後など、子供たちの前で

ん許せない~奴がいる!ん許せない~事があるッ♪
だから倒れても倒れても立ち上がる、立ち上がる~♪

などと歌ってるので、きっと子供達のDNAにも
刷り込まれてることでしょう。

ただ、曲のタイトルもすっかり忘れてたんですが(笑)
たまたまネットで伍代夏子さんのことを検索してた時、
夫である杉良太郎関連のページにこのシングルレコード
ジャケットが掲載されていて、その曲名こそが

「君は人のために死ねるか」 だった!

何という凄まじい曲名だ。
しかも、作詞が杉サマ御本人という(笑)

これは是非、久々に聴いてみなければ!ということで
早速YouTubeで視聴。


・・・曲名に恥じない、凄まじい歌だった。

イントロの直後にいきなり杉サマがセリフで
「昨日、一人の男が死んだア」
と、言った瞬間、昼寝していたニャアコが驚いて
目を覚ました。直前までサカナクションの「新宝島」の
PVを流していても起きなかったのに・・・である。

許せない~奴がいる♪ の部分しか記憶になかったのだが、
この曲、セリフから始まって、その後も歌の合間合間に
セリフが入るのだが、歌とセリフの区切りがないのだ。

きぃみぃはぁ~ひぃとのたぁめに死ぃねぇるかぁ~♪

と豪快に歌った直後に同じ歌詞を今度はセリフで
「君は人のために死ねるか?」
とドスの効いた声と巻き舌で問う杉サマ
凄すぎる・・・
これは、亡くなった祖母が大ファンだったのも納得だ。

杉 良太郎さんといえば、東日本大震災の時の活動や
刑務所への慰問、ベトナムの80人を越える子供達との
養子縁組など様々な話を耳にしますが、そういった
「命」と向き合う生き方を続ける杉サマが作り、
歌うからこそ、我々の魂を揺さぶるものがあるのでは
ないかと思いました。
もちろん、完璧な人間はいないので、杉さんにも欠点
やら負の部分なんかもあるのかもしれませんが、やはり
1人の人間として憧れますね。そしていつかは

「君は人のために死ねるか」

と、堂々と歌える人間になりたいものです。

本当は仕事で辛い事が続いてて、それに因んでこの
記事を書こうとしてたんですが、
(なのでカテが「はたらくおっさん」のままですが)
書いてるうちにどうでもいいような小さなことに思えて
書くのをやめました(笑)

最後まで読んで下さった方、ありがとうございました。

2016-02-09_10.43.15.jpg











幸せの扉は狭い [イロドリ写真館]

2016-02-06_19.25.19.jpg

幸せの 扉は狭い~
だから しゃがんで通るのね
百日百歩、千日千歩
ままになる日もならぬ日も~♪

2016-02-04_19.38.35.jpg

2月に入って早くも一週間が過ぎようとしている・・・
早いなあ・・・
なんか、「あれよあれよ」という間にすぐ今年も
終わりそうな気がするなあ。

書きたいネタは沢山あるんですけど、時間がないので
困った時の「イロドリ写真館」で今回もお茶を濁し
次回に備えたいと思います。

2016-02-04_08.59.40.jpg

2016-01-31_10.47.09.jpg

来週も皆さんにとって、良い一週間になりますように [黒ハート]